• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

 自由に空を飛びまわる未確認飛行物体・UFOの姿が世界各地で目撃されているが、その推進メカニズムはいったいどんなものであるのか? 昨年末に「この世にいるのは我々(人類)だけではない」と発言して世を騒がせた元ペンタゴンの職員が、今度はUFOの推進装置について暴露発言を行なっている。


■UFO調査を担当していた元ペンタゴン職員の新たな新証言

 昨年末、ペンタゴン(米国防総省)に極秘のUFO調査部署・AATIP(Advanced Aviation Threat Identification Program)が2007年から2012年にかけて存在していたことが公表されて世間の耳目を集めた。そしてこのAATIPが保有していた“本物のUFO動画”も公開されて世に衝撃を与えたことは記憶に新しい。

 この一連の情報公開の動きの中で重要な役割を担ったのが元ペンタゴンの職員であり、AATIPの責任者であったルイ・エリゾンド氏である。CNNのインタビューでエリゾンド氏は「私たちが(宇宙で)唯一の知的生命体ではないという非常に説得力を持つ証拠があると確信しています」と話し、AATIPで検証されていた調査活動の一端を暗に示した。そのエリゾンド氏は現在、元ミュージシャンのトム・デロング氏が中心になって発足した本格的なUFO研究組織、To The Stars Academy(TTSAcademy)のメンバーに名を連ねている。

 そして今回、エリゾンド氏らはUFOの推進装置について新たな言及を行い注目が集まっている。まずはともあれ検証すべきなのは昨年末に公開された“本物のUFO動画”だ。

ペンタゴンが公開を認めた“本物のUFO動画” 動画は「YouTube」より

 これまでの情報によれば、この映像は2004年にカリフォルニア州サンディエゴ沿岸上空で米海軍の戦闘機・F/A-18スーパーホーネットから撮影されたものであるとされている。パイロットのデイビット・フレイバー氏と指揮官のジム・スレイト氏の2名が搭乗していた。

 2人の目撃証言によれば、この“UFO”は高度2400メートル上空に突如現れ、真っ逆さまに下降して高度600メートルでピタリと“止まった”という。機体の大きさは目測で12メートルほどであったということだ。

 風速220キロメートルもの向かい風が吹いている中にあって信じられない高速で飛行して止まり、再び急激に加速する様子は、ベテランパイロットをしてみても「今までに見たことがない」と言わせる動きであった。

 そして今回、このUFOの推進システムについてエリゾンド氏が口を開いたのだ。

コメント

4:トランプ大統領2018年2月27日 00:04 | 返信

バブル?負のエネルギーって分かりにくい表現だ。
まるで小説のよう完全に空想。自分でもわかってないんじゃないか?
ワープとは光速を超える移動のことなのか?
例え超光速で動けたとしても障害物を避けられないのでは元も子もないと思う。
そうではなく障害物をすべて貫通し、重力の強い場所も難なく突っ切ってしまうとでもいうのか?
それならまずホーキング博士をその宇宙船に乗せなければならないな。
そして、ブラックホールに入っても出られることを証明してもらいたい。
それが出来れば「ワープで切り抜けるのだ!」とか狂ったように言い始めたりして。
奴はパペットだから、それが仕事なのだ。
ところで、新地球派ってのはなんだ?お前らまともな人間ではないのに
そんなのいるはずはないだろう。それはお前らの創った物語の話か?


3:匿名2018年2月26日 00:49 | 返信

しんじ~、もっと勉強しろよな。
なんか色々突っ込まれてんぞ。

2:匿名2018年2月25日 20:59 | 返信

記者の方、嘘を書いてはいけません。
この動画はペンタゴンから出たものではなく、元ペンタゴン職員が加わった個人団体から出たもので、しかも撮影者等の詳細は不明で、目撃者として名乗り出た2人のパイロットとは無関係です。
物体の周囲のバブルがワープなのかは分かりませんが、細工でUFOを加えた場合にできるものにも見えます

1:匿名2018年2月25日 12:35 | 返信

>風速220キロメートルもの向かい風
単位のない数字だけで驚かそうとする文章には詐欺の臭がする
220キロメートル/時間? /日? まさかの /月?
時間単位のない数字はただの距離
算数の授業を忘れたがっている人間しか騙せない

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。