>  > 世界の食糧危機を救うフルーツ「パラミツ」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 その見た目の巨大さや豊富な栄養成分から、奇跡のフルーツとも言われる「パラミツ」がすごいらしい――。


■成長が早く高栄養なフルーツ「パラミツ」とは

 英語の「ジャックフルーツ」という呼び名の方がピンとくる人の方が多くいるかもしれないが、日本ではあまり馴染みがない果物のひとつパラミツが今、注目されている。

 東南アジア、南アジア、アフリカやブラジルで収穫され、果物の王様ドリアンや果物の女王マンゴースチンと並んで現地で親しまれている。

Jackfruit1.JPG
Daily Mail」の記事より

 大きさはばらつきがあるが最高で長さ70cm、幅40cm、重さは40~50kgにも及ぶ世界最大の果実であり、その姿は圧巻の一言。カルシウムやタンパク質、鉄、カリウムなどの栄養成分が多く含まれていながら、カロリーは1kgあたりわずか95カロリーである。

 さらに収穫が気候変動によって脅かされる小麦とコーンと異なり、実生から3年で果実をつけるほど生長が早い点に研究者も着目している。

 豚肉のような風味があるところから、23歳の若きイギリス人起業家J・グレーソンとA・ロバートソンは、肉に代わる健康的な栄養源として数百万人を飢餓から救う“プロジェクト・ジャックフルーツ”を発足。

Jackfruit2.JPG
画像は「Wikipedia」より

 クラウドファンディングで資金を集め、昨年秋からインドでパラミツを用いた商品の開発と製造を開始した。これまでにパラミツを活用したハンバーガーやタコス、BBQ、カレーなどのアレンジ料理を考案して試験的に販売を行うなど、精力的に活動している。

コメント

1:匿名2018年3月26日 21:43 | 返信

森のバター=アボカド
熱帯ジャングルのポーク=パラミツ
果物というより おかず系だな

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。