地底世界でエイリアンと戦闘した元米政府職員が怪死…?「1477もの地下基地が存在」「青ビームで胸を撃たれ…」

 宇宙開発や地球外生命体探査など、昨今の我々は空ばかり見上げているような気がしないでもないが、案外重要な鍵は足元にあるのかもしれない。我々が立つ大地の下の地底事情はどうなっているのか、また地底に知的生命体や文明が存在するのだろうか。

Created with DALL·E

■建設現場に突如謎の穴が出現

 アメリカ国家安全保障局の元職員エドワード・スノーデン氏も、かつて地底には先進的な文明を持つ知的生命体が住んでいると言及している。はたして“地底人”は存在するのだろうか。

 1997年に50歳で謎の死を遂げた元政府職員のフィル・シュナイダー氏は、今から20年も前に世界には1477もの地下世界があり、米国内でも129カ所あることを暴露している。そしてそれらの地下世界にはエイリアンが生息しているというのだ。

 シュナイダー氏はなぜこのような情報を知っていたのか? それはシュナイダー氏が実際に地下世界に降り立ち、エイリアンを目撃し、そして彼らと戦闘を繰り広げたからにほかならない。

 1979年8月、シュナイダー氏は爆発物取り扱いのエキスパートとしてニューメキシコ州ダルシー某所で極秘裏に建設中だった地下施設の工事現場で働いていた。現場周辺には警備の意味もあるのか陸軍特殊部隊、いわゆるグリーンベレーの兵士たちが数多く駐留していたということだ。

 地上の作業現場ではドリルで地中に穴を開ける作業が行われていたのだが、別の場所の地面に突然穴が空き黒煙が吹き出てきた。突然ぽっかり開いた謎の穴だったが、黒煙の噴出が止まったところで、穴には作業用のゴンドラが設置され、シュナイダー氏自身が調査のために穴の中に降りてみることになったのだ。

 

■地下でエイリアンvs特殊部隊の戦闘が勃発

 穴は思ったより地中深くに通じていて、まるでゴミ箱をひっくり返したような悪臭に包まれていたという。ゴンドラに乗って穴を下降し、広い空洞に降り立ったシュナイダー氏がいきなり出くわしたのは、身長が2メートル以上もあるエイリアンであった。しかも3体いたのだ。

 念のために携行していた拳銃をとっさに引き抜いたシュナイダー氏はエイリアンに向かって発砲。2体を撃ち倒したが、もう1体は胸の前から不気味な青いビームを放ち、シュナイダー氏の胸を直撃した。胸部を裂かれたシュナイダー氏だったが幸運にも一命は取りとめる。それでもとっさの防御姿勢で左手の指を2本失い、靴が焼けて足先に火傷を負ったという。

地底世界でエイリアンと戦闘した元米政府職員が怪死「1477もの地下基地が存在」「青ビームで胸を撃たれ…」の画像3Latest UFO Sightings」の記事より

 特殊部隊の軍人たちがすぐに地下空間にやってきて、シュナイダー氏を救出したのだが、その内の1人がエイリアンのビーム攻撃で死亡したという。

 シュナイダー氏がゴンドラで地上に戻ってきてからは、次々に隊員たちが地下空間へと突入してエイリアンと戦闘を繰り広げ、この日だけで60人以上の命が犠牲になったということだ。そしてこの時に助かったのはシュナイダー氏を含めて3人だけであったという。

■2年間のディスクロージャー活動の末に謎の死

 1947年生まれのシュナイダー氏は事件当時32歳だったことになるが、公務員の守秘義務規定に基づき、この後、この事件を口外することはなかった。

 3人の生き残りのうちの2人はなぜかカナダの養護施設に送られ、一般のアメリカ人との接触が断たれているという。そして政府筋の人間から脅されているというのである。

 国内に残っているシュナイダー氏にも、折に触れて脅迫めいた嫌がらせがあり、ついに我慢できなくなった氏は1995年、世に向かって口を開き、このダルシーでの出来事を公言したのだ。

地底世界でエイリアンと戦闘した元米政府職員が怪死「1477もの地下基地が存在」「青ビームで胸を撃たれ…」の画像4Latest UFO Sightings」の記事より

 その後も精力的にディスクロージャー活動に尽力したシュナイダー氏は、現在の地球には7種族の慈悲深いエイリアンと4種族の敵対的なエイリアンが生息していることや、米政府とエイリアンとの間に密約が交わされていることなどにも触れ、この件に関する政府の機密情報を1995年のワークショップ「Preparedness Expo」の壇上などで暴露している。

 しかしながらシュナイダー氏の活動は2年余りで終わることになる。1996年に謎の死を遂げたのだ。死因は自殺ということになっているが、シュナイダー氏のサポーターたちは今も事件性を疑っているという。CIAやFBIの機密文書が続々と公開されている昨今だが、シュナイダー氏にまつわるこの一件に今後何か新事実がもたらされることがあるのだろうか。

参考:「Latest UFO Sightings」、「Documentary Tube」、ほか

 

※当記事は2018年の記事を再編集して掲載しています。

関連キーワード:, , ,

文=仲田しんじ

場末の酒場の片隅を好む都会の孤独な思索者でフリーライター。
興味本位で考察と執筆の範囲を拡大中。
ツイッター @nakata66shinji

仲田しんじの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

地底世界でエイリアンと戦闘した元米政府職員が怪死…?「1477もの地下基地が存在」「青ビームで胸を撃たれ…」のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル

人気記事ランキング05:35更新