>  > 「2039年製造のナチス硬貨」が発見される!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
【衝撃】「2039年製造のナチス硬貨」が発見される! ヒトラーが8分違いのパラレルワールドで世界統一している証拠か!?の画像1
画像は「YouTube」より引用

 独裁者アドルフ・ヒトラー率いるナチス・ドイツは1945年5月に連合軍に敗北し、消滅した。しかし、この度、ナチスが第二次世界大戦で勝利を収め、21世紀に入ってからも営々と存続している世界が存在するかもしれない証拠が発見され、大きな話題になっている。

 英紙「Daily Star」(14日付)によると、なんと、“2039年”発行のナチスコインが発見されたというのだ! このコインは、ディエゴ・アヴィレス氏が建築現場で発見したもので、コインの表裏には、ドイツの国章である鷲、そしてナチスの勲章である鉤十字や鉄十字がデザインされ、上部にはNueva Alemania(新ドイツ)と刻印されている。全体的に、ナチス統治下のドイツで発行されていたコインに似ているが、当時のコインにはDeutshe Reich(ドイツ帝国)という文字が刻印されているため、細部は少々異なるようだ。

【衝撃】「2039年製造のナチス硬貨」が発見される! ヒトラーが8分違いのパラレルワールドで世界統一している証拠か!?の画像2
画像は「YouTube」より引用


 いずれにしろ、問題となるのは、下部に刻印されている西暦だ。擦れていてはっきりと見て取ることはできないが、「Daily Star」は2039年と刻印されている報じている。つまり、これは今から21年後に作られたコインだということだ。未来から来たということだろうか……?


【衝撃】「2039年製造のナチス硬貨」が発見される! ヒトラーが8分違いのパラレルワールドで世界統一している証拠か!?の画像3
画像は「YouTube」より引用

コメント

4:匿名2018年4月18日 06:27 | 返信

Nueva alemania はスペイン語だろう、なんでドイツのカネにスペイン語が刻んであるんだよ?その点ですでにアウトたろが!

3:匿名2018年4月17日 20:15 | 返信

あればいってみたいものだ

2:匿名2018年4月17日 15:16 | 返信

こんなコインくらいでパラレルワールドが存在する証拠とか言われても(笑)

1:匿名2018年4月17日 13:11 | 返信

ちなみに、例の「一万円玉」はオモチャのメダルであり、使った男はその事を自供しています。
トカナが書かない真実。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。