• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

――軍事研究家・塩原逸郎が緊急寄稿!

 米国を中心に国際共同開発され、航空自衛隊も導入を進めている最新鋭ステルス戦闘機(第5世代戦闘機)であるF-35。この戦闘機が実戦投入されていた事が明らかになった。

 それも、イスラエル国防軍の公式Twitterが5月22日のツイートで告知したのだから驚きである。公式Twitterによれば、イスラエル軍のF-35は既に実戦配備され、作戦に投入されているという。ツイート内では、シリア領内に展開しているイラン革命防衛隊に対し空爆を行ったと明らかにしている。

 地元メディアによれば、5月22日に行われたイスラエル軍アミカム・ノルキン少将の演説にて「我々のF-35は既に中東全域を飛行し、既に二つの前線において2度攻撃を行っている」との発言があった。演説内では、レバノンの首都ベイルート上空を飛行するF-35の写真が示されたという。

300px-F-35A_flight_(cropped).jpg
画像は、F-35 ライトニング II(Wikipedia)より

 実は、既にイスラエル軍F-35によると思しき攻撃の報道がなされている。5月18日、シリアのハマ空軍基地で謎の大爆発が発生したのだ。爆発の結果、基地内の駐機場が壊滅的な打撃を被っている事が、衛星写真から読み解く事ができる。こうした大規模な攻撃を現在のシリア反体制派が行うとは考えがたい。かつ、アサド政権側が迎撃したという情報も存在しない。これは、イスラエル軍がF-35を用い、アサド政権やイランの防空網に探知される事なく空爆を行ったと考えるべきであろう。

 トランプ政権のイラン核合意からの離脱や米大使館エルサレム移転といった昨今の緊迫する中東情勢において、イスラエル軍F-35が既に実戦投入されていたという事実は大きな意味を持つ。それは、イスラエルによる対イラン空爆が現実味を帯びた、という事だ。F-35であれば、イラン防空網を突破し核関連施設への空爆を行う事が可能である。

 賢明な読者の皆様の中には、疑問を抱く方もいらっしゃるかもしれない。「F-35の航続距離では、イスラエルからイランまで往復できないのではないか?」と。だが、ここで思い出して頂きたい事がある。サウジアラビアの存在だ。過去の記事で明らかにした通り、サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマーン皇太子はイルミナティの傀儡と言っていい人物だ。イランを中核とする中東の反イルミナティ勢力に対抗すべく、彼はイスラエルとの緊密な関係構築に動き、イスラエル行き旅客機のサウジアラビア領空通過や軍事協力推進など、数々の「実績」を積み重ねてきた。サウジアラビアが国内の空軍基地を提供、もしくはサウジアラビア軍機による空中給油を提供すれば、イスラエル軍F-35はイランへの往復を行う事が可能となる。それを十分行いうるのが、ムハンマド・ビン・サルマーンという人物だ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。