【緊急警告】遂に中東で核戦争が始まる!? イスラエルが第5世代戦闘機(F35)を世界初の実戦投入、背後にイルミナティ皇太子!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
illuminatis_07.jpgムハンマド・ビン・サルマーン「ALWAGHT」より引用

 他方、イラン側にも反撃の手段はある。まず、シリア領内に展開している革命防衛隊の地対地ロケットが戦力として挙げられる。これらは既に対イスラエル攻撃にも用いられている。だが、こうした戦力はイスラエル軍の越境攻撃で、徐々に消耗しているほか、イスラエル側の迎撃態勢も整っている。それゆえ、戦力としてはさほど期待は望めないだろう。より有力な反撃手段としては、イラン本土からのミサイル攻撃が存在する。イランは本土からイスラエルまで届く射程の弾道・巡航ミサイルを保有している。特に昨年配備された射程2000kmの弾道ミサイル「ホラムシャハル」は有効な戦力足り得るだろう。このミサイルは多弾頭型で、迎撃が困難である。イスラエルがイラン空爆を行った場合、この「ホラムシャハル」がテルアビブに降り注ぐのは確実だ。

 イスラエルによる対イラン空爆が実施され、全面戦争に陥った場合、何が起こるだろうか? 想定される最悪のシナリオは、イスラエルの核兵器使用である。イスラエルはかの地域で唯一の核保有国であり、航空機および潜水艦発射巡航ミサイルによる核攻撃能力を有している。こうした核兵器が、テヘラン上空に降り注ぐ事も、決して絵空事では無いのである。イスラエル軍によるF-35実戦投入は、中東の秩序が根本から脅かされることを意味するのだ。
(文=塩原逸郎)

塩原逸郎のこれまでの記事一覧はコチラ

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。