病院側「ああ、彼女ね。よく現れる」危篤の祖父を撮ったら、守護天使がバッチリ写り込んだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
病院側「ああ、彼女ね。よく現れる」危篤の祖父を撮ったら、守護天使がバッチリ写り込んだ!
 イギリス北部の病院で起きた「ちょっとした奇跡」の話題を英紙「Mirror」が伝えている。■マリア像のような女性の姿が! それは、ある青年、クリス・レッドベター(20歳)がイギリス北西部のチェスターにある病院に入院中の、危篤の祖父を見舞いに行った時のことだった。 祖父のアイリーン・ボブ・ラージ(76歳)は膀胱癌と腎臓を患っており、医師から「長くはもたないだろう」と宣告されていたのだ。...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア