泥炭地から掘り起こされた2,400年前のミイラ「トーロンマン」の顔がリアルすぎる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
泥炭地から掘り起こされた2,400年前のミイラ「トーロンマン」の顔がリアルすぎる!
 ヨーロッパの泥炭地では「ボグ・ボディ」と呼ばれる屍蝋(しろう)化した遺体がしばしば発見されることがある。その数は数百体とも言われ、中には1万年前のものもある。主に北西ヨーロッパのイギリス、アイルランド、オランダ、ドイツ北部やデンマークに多く、最近では2011年に見つかったアイルランドの「カシェルマン」が記憶に新しい。彼らボグ・ボディの驚異的なところは、その抜群の保存状態だ。完全に皮膚に覆われ、内...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア