【閲覧注意】世界の美しすぎる死体9 ― 信じられないほどの生命感

関連キーワード:

,

,

,

,

「死体」という言葉には怖くおぞましくグロテスクなイメージが付きまとう。しかし世界には、「美しい死体」というものも存在するのだ。それらは葬儀屋の素晴らしい手業によって作り上げられた作品もあるが、自然によって作られた作品もある。今回はそれらの中から選りすぐりの「美しすぎる信じられない死体」を紹介したい。

9. エッツィ(Otzi)

incrediblecorpses1.JPGエッツィ 画像は「Wikimedia Commons」より

 エッツィ(アイスマン)はヨーロッパで発見された銅器時代の最も古いミイラだ。発見された場所(エッツタール)にちなんでオーストリアの新聞記者が「エッツィ」と命名した。エッツィは、紀元前3359年から3105年の間に、イタリアの南チロル地方に住んでいたらしい。エッツィは草と革の服を着て、斧やナイフ、矢筒を持ち、ポケットには木の実が入っていた。直接の死因は頭を砕かれた事だと考えられている。

8. トーロンマン(Tollund Man)

incrediblecorpses2.JPGトーロンマン 画像は「Wikipedia」より

 トーロンマンはデンマークのユトランド半島で紀元前4世紀に生きていた男性の遺体が死蝋化したものだ。彼は1950年にピート・ボグ(蓄積した泥炭湿地)の中から発見されたが、トーロンマンは湿地によって非常によい状態で保存されていたので、死体を発見した地元の人間は最近の殺人の被害者だと思い込んでしまったと言う。彼は革製のとがった帽子をかぶり、首には縄が巻き付いていた。トーロンマンは生贄として絞首されたと推測されている。

7. ウラジミール・レーニン(VLADIMIR LENIN)

incrediblecorpses3.JPGウラジミール・レーニン 「Emlii」より

 この有名な革命家は1924年に死亡したが、彼の遺体は現在でもモスクワのレーニン廟に置かれ、ロシア国民に公開されている。当初、死体の保存法として「人体冷凍保存」も考えられたが、様々な事情を考慮した結果「エンバーミング(死体防腐処理)」に落ち着いた。現在、レーニンの死体を保つため1年半に1回、薬液の注入や保存液の取り換え等のメインテナンスが行われている。見る人全てがレーニンの遺体が生きている様な肌をしている事に驚愕するが、肌はパラフィン、グリセリン、カロチン等の物質に取り換えられていると言う。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ