500年間凍っていた少女! まるで生きているよう!? ~ミイラでわかった、インカ帝国の生贄の実態~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント11
関連キーワード:

,

,

,

,

マチュ・ピチュ」で有名なインカ帝国は「神」に生贄として命を捧げてきた。人身御供とも呼ばれるこの行為は「カパコチャ」として知られ、飢饉や皇帝崩御の神事の際に国の安泰を願い行われてきたという。今回は、過去に話題になったニュースとともに、カパコチャの実態に迫ってみよう。

 1999年。アンデス山脈で500年前に生贄となった子どもたちのミイラが凍ったまま発見された。ほぼ原型のまま冷凍保存されていたこれらのミイラをあらゆる角度から分析した結果、驚くべき「カパコチャ」の背景が浮かび上がってきたのだ。幼くして生贄となった子どもたちの運命とは――。


■500年凍っていた少女。解剖すると驚くべき事実が…

 1999年、アンデス山脈にある標高6,739mのユーヤイヤコ山で3体の子どものミイラが発見された。学者たちが「完璧だ!」と興奮するほど保存状態の良いミイラは約500年前のインカ帝国時代に神へ生贄として捧げられた子どもたちであった。

incangirl1.jpgユーヤイヤコ山で発見された“ラ・ドンチェラ” 画像は「Wikipedia」より

 最年長の15歳の少女は身に着けていた装飾品に落雷があり一部焦げた部分があるものの、ほとんど外傷も無く、ふっくらとした肌は“まるで数週間前に亡くなったみたいだ”という。また500年もの間放置されていたにもかかわらず少女のミイラには心臓や肺に血液まで残っているのだ。ここまで状態の良いミイラは初めてであり、現在も様々な分野から解剖が進んでいる。

 研究チームはこの少女を「ラ・ドンチェラ(スペイン語で“乙女”の意)」と名づけ毛髪を分析したところ少女の生い立ちや生前の食生活など様々なことが判明した。

 ミイラとなった15歳の少女は農民の出であり、ジャガイモなどの野菜を主とする食生活を送っていたが、死の1年ほど前からトウモロコシや動物性たんぱく質からなる栄養価の高い“特別階級”の食生活へと劇的に変化しているという。今回発見された3体のうちこの少女にだけこの変化が顕著に現れていることから少女は“死の儀式”のための「巫女」のような役割を担っていたのでは、と考えられている。

 また死の3、4ヵ月前になると「高山病」の気付け薬としても服用されていたコカの葉や、トウモロコシが原料の「チチャ」と呼ばれるビールのような酒を摂取していることから、この頃より祭司らと共に山への巡礼が始まったとされている。その後標高約6,730mの埋葬する場所へ到着すると祭司たちは痛みと抵抗を抑えるためチチャ酒とコカの葉を与え、もうろうとした意識の子どもたちを殴打・絞首したのだ。

 15歳の少女の口内からは噛みかけのコカの葉が見つかっており、死の恐怖心を少しでも和らげようと多量に摂取したのか、埋葬前に意識を失いそのまま眠るように凍死したのだ。

incangirl2.jpg画像は「YouTube」より
人気連載
油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

人気連載
選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

ある元キャバ嬢から聞いた怖い話です。  キャバクラが何を売っ...

関連キーワード

コメント

11:匿名 2018年9月17日 17:26 | 返信

絞殺や殴打って…
一撃必殺だったんだよね? そうだと言って・・ ><; てか、お酒いっぱい飲ませるなら そのまま放置して凍死を待つだけで良かったんじゃないか? 息を引き取るまで、そばで祈ったり儀式をする必要でもあったのか? (-ω-;)ウーン…

10:匿名 2017年10月7日 11:28 | 返信

ネットの何故中の日本人はすぐ頭悪いとか糞がキて相手の人格攻撃するんです?悲しい

9:匿名 2017年4月24日 01:59 | 返信

>> 5

せめてコカの葉をググってから書き込めばいいのにね。心理的....

8:Smithe850 2016年11月1日 13:26 | 返信

Hi there, just became aware of your blog through Google, and found that it is really informative. Im going to watch out for brussels. Ill be grateful if you continue this in future. Lots of people will be benefited from your writing. Cheers! efbeabekaekgdekc

7:匿名 2016年7月12日 04:38 | 返信

小学生の時に図書館で読んだ本にこのミイラのこと書いてあって、インカとかバビロンとかそっち方面だけど歴史にのめり込んだな〜

6:匿名 2016年5月31日 22:39 | 返信

https://www.youtube.com/watch?v=2M1RgjriMT0

5:匿名 2016年3月8日 02:41 | 返信

心理的な効果だろ
頭悪い糞ガキが紛れてるようだな

4:匿名 2016年1月11日 21:16 | 返信

ペルー人だけど、お母さんから聞いた話コカの葉をガムのように噛むとなんかの効果があるっていってた。
痛みがなくなるようなのかはわかんないけど眠いのを我慢するためって聞いた。
奴隷とかが食べず眠らずにはたらかせるようにだから、エナジードリンクみたいな感じかな。

3:匿名永原清喜 2015年10月4日 19:24 | 返信

アイスマンもそうだが、生贄で手厚く葬らた遺体を起こした為に関係者が不慮の死は何でだろう?

2:名無し 2015年3月10日 22:49 | 返信

ミイラが貴重な資料なのはわかるけど、そっとしておいてあげといてほしいとも思っちゃう。

1:匿名 2015年3月10日 17:38 | 返信

アンデスをエクアドルからチリまで数ヶ月旅して、
日常的にコカの葉を噛んだり、葉で茶を飲みましたが、
そういった摂取方法では、ある程度の量を一度に口に含んでも、
「死の恐怖心を少しでも和らげようと」するほどの効果はないと思われます。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。