肩から「5本目の足」が生えた牛!! 飼い主とインド全土を巡る旅に出た意外な理由とは……!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

,

 私たちの想像を軽々と超えたニュースが次から次へと発信される神秘の国、インド。そんなアジアの大国から「5本の足を持つ牛」のニュースが飛び込んできた。英紙「The Daily Mail」が今月23日に報じたところによると、現在この不思議な牛は、人々を祝福するためにインド中を巡る旅に出ているようだ。

cow.jpg肩から足が生えてる!「The Daily Mail」より

 写真からも分かるように、話題となっている4歳の牛の肩からは、見事な「5本目の足」が生えている。その原因について報じられてはいないが、生まれつきの奇形と考えるのが自然だろう。しかし、インドの人々の解釈は全く異なったもので、多くの人は「5本目の足」に幸運をもたらす力が宿っていると信じているようだ。中には、この牛を(複数の手を持つシヴァ神やヴィシュヌ神など)ヒンドゥーの神が現出したものであると考える人もいるという。

 飼い主のラックスマン・ボサル(35)さんも、「牛は神聖な動物です。私たちは牛のことを母とも呼びます。神はこの『5本目の足』によって、私たちに対して動物を尊重せよと仰せになられたのです」「この母なる牛の足に触れると、あなたには幸運が訪れ、全ての願いが叶うでしょう」と述べ、「5本目の足」の持つ力について力説している。

 ボサルさんによると、この「5本目の足」を持つ牛の話を聞きつけた人々が、以前からマハラシュトラ州ソーラープルにある彼の牛舎に多数詰め掛けていたという。そこで彼は一大決心を下す。なんと、より多くの人々がこの神の奇跡と祝福にあずかれるよう、牛を連れてインド全土を巡る旅に出ることにしたのだ。

人気連載
油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

人気連載
選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

ある元キャバ嬢から聞いた怖い話です。  キャバクラが何を売っ...

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。