暗闇でも視界が広がる「スマートコンタクトレンズ」! 次世代ウェアラブルデバイスの真打ち登場!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

■今後の展望は!?

 すでに研究チームは小指の爪よりも小さな試作品の作成に成功しており、今後は兵士などの間でまず使われるようになると考えているようです。チョン助教は今回の研究について「グラフェンの『スーパーセンサー』的な特性を利用したものだ」とした上で、このスマートコンタクトレンズの登場によって「周囲の環境に対処するためのもう一つの方法が得られる」としています。そして将来的には、様々なモバイルデバイスとの連携により、その可能性を広げる構想も持っているようです。

lens_2.jpg


 今回の研究を報じた英紙「The Daily Mail」の記事には、「素晴らしい発明だ!」という賞賛のコメントが寄せられる一方、「電気を消しても姿を隠すことができなくなるってことだね」「覗き魔とか強盗が使ったらマズいね」といった不安の声も上がっています。まずは戦場からという用途が何とも悲しい気がしますが、更に進化したスマートコンタクトレンズは、メガネ型ウェアラブルデバイスよりも遥かに使いやすいものとなりそうです。
(靄野大作)

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。