視覚障がい者の暮らしに革命を! “見える”ようになる「スマートメガネ」が登場!!=英

■“スマートメガネ”利用者の声

blind4.JPGオリバーさんとジェス「Daily Mail」より

 オックスフォードシャー州ファーリンドンのリン・オリバーさん(70)は、今まで自身の盲導犬ジェスの姿を一度も見たことが無かった。オリバーさんの視力では限られた部分(ジェスの耳や目)しか見られなかったのだ。しかし、このテクノロジーによって、ジェスの顔を初めて見る事ができたと言う。

 前出のオリバーさんは、「このメガネはジェス(盲導犬)が立ち止まった時に、その理由 ―縁石、道路の障害物、または道路工事をしているのか― を私に知らせてくれるので、どちらに行って障害物を避けるべきかの判断ができます」と語る。そして「人々が店の外で話しているような時、その方向へと近づいていくと、大概彼らは話を中断して私が通り過ぎるのを待ちます。しかし私が知りたいのは、彼らがまだそこに立っているのか、店の中に入ったのか、それとも違う場所に移動したのか、ということなのです。そういう人々を避けて歩くことは大きなストレスでしたが、それも取り除かれました」と喜びを打ち明ける。

blind3.JPG
スマートメガネは特に暗い光で良く働くので、夜盲症の人々も助ける。タブレットに示されている画像は、キャリンズさんが目にしている光景だ「Daily Mail」より

 また、ロンドンに住む研究調査員のアイン・キャリンズさんは、「これはスーパーパワーや第六感を持つようなものですね。どこを見るべきかが分かり、障害物も見つけられる。本当に素晴らしい! …中略… 貴方の顔も見えますよ。まるで『ロード・オブ・ザ・リング』のストーリーみたいで、指輪をはめた時だけ、物が新しい方法で認識できる感じです」と語る。さらに彼は冗談めかして、「これをかけると、人間の姿が線で囲まれている80年代のミュージックビデオにさまよい込んだみたいです」と加えた。

blind5.JPG
ショッピング・モールでスマートメガネを試したキャリンズさん。ラップトップに映し出されているのは、彼が見ている光景。「Daily Mail」より

 研究チームは現在、様々なレベルの視覚障がい者たちにスマートメガネを試用してもらっており、彼らの生活を本当に助けることができるとの確信を強めているようだ。

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。