TOCANA > 超科学 > 薄毛治療に朗報か!? > 2ページ目

薄毛治療に朗報!! ツルツルがフッサフサに! でもちょっと微妙な“生えた理由”とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

,

,

,

,

■研究に対する疑問の声

 さらに、もともとはリウマチやガンの治療薬として開発されたルキソリチニブを脱毛症の治療に使うことに対して疑問の声もあるようだ。ちなみこのルキソリチニブは今年7月に『ジャカビ(R)錠』(ノバルティス)としてアメリカ米国食品医薬局(FDA)の製造販売承認を受けたものの、日本の厚生労働省ではまだ認可がおりていない薬である。

 ペンシルバニア大学の皮膚科医、ジョージ・コサレリス博士は「塗り薬の試験ならいざ知らず、1日2回の服用でルキソリチニブを患者の身体の隅々にまで行き渡らせることは、とても毒性の強い治療法で肝臓や血液への悪影響や、感染症などの病気を引き起こしかねない」と、「New York Times」の記事の中で警告している。この実験の被験者の内の1人、ブライアン氏は臨床試験がはじまってから頭髪のみならず腕や背中にも毛が生えてきて「とても驚いた」と述べていることが、同記事の中でも綴られている。

ruxolitinib2.JPG胸部感染症の治療中に頭髪が甦ったサラさん 画像は「Daily Mail」より

 またこのニュースを扱った「Daily Mail」の記事では、脱毛症の女性、サラ・フォードさん(26歳)が、胸部の感染症の治療で服用したステロイド剤の『副作用』で頭髪が回復したケースも併せて紹介している。しかし当然ながら治療の終了と共にステロイド剤の服用を止めることになり、このサラさんの見事に甦った頭髪がその後も残ることになるのかどうかは時が決めることになる。もちろんサラさんはこのまま頭髪が残ってほしいと願っているが……。

 ……と、希望に溢れたニュースをお届けする当初の意図からはずいぶんと違うニュアンスの記事になってしまった。ともあれ、治療法の安全性が証明させるまで今後さらに入念な研究が行われねばならないことは言うまでもないが、調べるうちにニュースの背後には巨大なヘアケア商品市場や新薬をめぐる医療業界や製薬業界の思惑が存在する可能性も視野に入れて考えていかなければいけないと感じた。賛否両論、異論反論が免れない種類の問題だと思うが、読者諸兄はどのように感じただろうか?
(文=仲田しんじ)

「Bone Marrow Drug Regrows Hair In Some Alopecia Patients」 動画は「YouTube」より

参考:「Daily Mail」、「New York Times」ほか

人気連載
オーストリア少女監禁事件 ー 8年間半地下室に監禁された「永遠の10歳」ナターシャ・カンプッシュ

オーストリア少女監禁事件 ー 8年間半地下室に監禁された「永遠の10歳」ナターシャ・カンプッシュ

石川翠のワールド・ミステリー・探訪【ウィーンの少女神隠し事件...

人気連載
あなたの“遊ばれやすさ”がわかる4択恋占い! 本命昇格、真実の愛を求めるなら… 当たるLove Me Doの真剣アドバイス!

あなたの“遊ばれやすさ”がわかる4択恋占い! 本命昇格、真実の愛を求めるなら… 当たるLove Me Doの真剣アドバイス!

■あなたの“遊ばれやすさ”が判明! 「あなたが想像する“...

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。