フリーメーソンはほんとに陰謀?昭和の日本内閣府調査が残した真実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

514612883.jpg

フリーメーソン」と言うと知らない人が多い。知ってても、宇宙人やUMAなんかと並列で考えてしまう人が多い。

 現に私も同じように考えていた。ところがどうやら実際に存在する団体である。本部が東京タワーの並びの『東京都港区芝公園4丁目』で、メソニックビルと名乗るビルを持ち、賃貸業を営んでいる。英語のサイトではあるが、ホームページも設けているみたいだ。

 調べてみると日本におけるフリーメーソンの研究は案外古くて、明治の終わ り、大正の初めには書物などでその名前が紹介され始めてた。国立国会図書館にはフリーメーソン関連の書物が公開・館内閲覧のみも含めて、かなりの数、収蔵されてる。

 →コチラを見てほしい。「国立国会図書館 近代デジタルライブラリー」

 ここで紹介されているのは、昭和の出版物のほんの一部だが、これだけでも陰謀論だと鼻で笑ってしまうのには無理が出てくる。当時、日本の内閣府調査・外務省・陸軍・外郭団体・民間も含め、かなり事細かに研究をしていた。それどころか、「フランス革命は、フリーメーソンの革命だった」などと当時の国側は普通に定義している。

「まーた、陰謀論が始まった」なんて思っちゃうかも知れないが、ネット上でタダで読めるので、(言論弾圧で消される前に)国会図書館の上記サイトで適当な本を選択して読んでみてほしい。これだけでもフリーメーソンは、嘘じゃないんじゃないか…と思えるだけの確信が持てる。

 当然、「そんなに影響があった団体なら、なんで誰も知らないんだよ」なんて思いますよね。

 実際、フリーメーソンは友愛団体ですから、現在、問い合わせも自由です。 “鳩山さん”がいつも言ってた、あの友愛です。でも、問い合わせると私たちは政治には一切関係がないと烈火の如く否定します。激オコぷんぷん丸です。どうも戦後は政治と関わりがない団体を強調してるようですので、そこだけは気をつけて下さい。関係ないんですから。

 説明は、コチラ

 愛を強めに強調して、相手をなだめながら問い合わせましょう。あくまでも 『自由・平等・友愛』がフリーメーソンのモットーだとこちらが教えてあげるんです。皆さん、愛は地球を救いますよ。
(文=トコジラミ)

人気連載
奇習! 童貞青年を人妻が筆下ろしする「性人式」があった! 盛り上がりすぎてヤバいことに…=西日本

奇習! 童貞青年を人妻が筆下ろしする「性人式」があった! 盛り上がりすぎてヤバいことに…=西日本

【日本奇習紀行シリーズ】 西日本  毎年正月を過ぎる頃にな...

人気連載
犬のお墓にまつわる本当にあった超怖い話 ― 四国「犬神信仰」の祖母が遺した“死の祟り”(川奈まり子)

犬のお墓にまつわる本当にあった超怖い話 ― 四国「犬神信仰」の祖母が遺した“死の祟り”(川奈まり子)

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。