実は存在しなかった「初詣」 ― 誰も知らない本当のお正月

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

,

■本当のお正月 まとめ

 この「年籠り」という初詣の行い方や、これまでトカナの記事で紹介した正月の意味を探っていくと、今まで自分が考えてきた正月と初詣のイメージが変わってきませんか? 

 これまでの知識をまとめてみましょう。(過去記事はコチラ

【本当のお正月】

 年末になると、日本全国で死霊の祭りとしての正月のために、人々はいっせいに家に籠り、神社に籠り、祈り続けます。その家に関わる死霊を迎えるため、正装をし、一族が集まって、葬式と同じような弔いを行います。そして、村や町の道には死霊が徘徊します。死霊が満ちる時であるため、なるべく外には出ません。良い死霊を迎え、悪い死霊を追い返するために、家の門には武器を立てます(門松)。そして、家の中では死霊を宿らせる特殊な餅(鏡餅)に祈り続けます。そして、正月が明けたところで、死霊を宿らせた特殊な餅を全員で食べ、死霊との一体化を成し遂げ、新しく「生まれ変わった者」として新年を過ごしていくわけです。

 なんとオカルトな雰囲気でしょうか。

 現代ではこうした正月と初詣の意味合いは意識されなくなってはいます。


■現代の初詣に必要なこと

 しかし、本来の初詣を忘れてしまった我々の心の中にも、「正月と初詣は、何か特別なものである」という、不思議な意識はまだ残っていますよね。心理学的には、「死霊」など死者のイメージというものは、我々が自分を振り返る時に立ち現われてくる、自分を導いてくれるもののイメージだと言われています。たとえば、新年を迎え、過去1年間がどのような年だったかを振り返る時に、自分だけの力で正しく振り返ることは非常に難しい。過去にあったことを書き出してみれば「ああ、こんなこともあったな」とわかるとおり、自分が持っている過去のイメージは、事実からズレていることが多々あるんです。けれども、心を静かにして過去を辿って行くと、これまで見えてこなかった自分の行いが見えてきます。そして、こうした時には、何かしら神聖なものに導かれたり、守って頂いている感覚を感じるものです。これが「霊・死霊」を感じる感覚と近いのではないでしょうか。

 悩みの多い現代社会、「死霊の祭り」としての正月・初詣、というイメージこそが、実は最も大事なものなのかもしれません。過去を振り返り、心を鎮め、良い新年を迎えたいものですね。
(文=北澤礼詞/神々の森神社)

■北澤礼詞
神々の森神社代表。カウンセリングも行う。「占いヒーリングカフェ 神々の森神社
神々の森神社「本当の初詣」特別企画

正月シリーズまとめ

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。