現代の科学では説明不可能な世界の謎10!

関連キーワード:

,

,

,

 科学の目覚ましい進歩にもかかわらず、いまだに解明されない世界の謎はまだまだたくさんある。今回は、そんな中から選りすぐりの10の謎をお伝えしよう。

1 なぜか犬が自殺する橋

overtounbridge2.jpg画像はオーバータウン橋(the Overtoun Bridge)

 一見したところ何の変哲もないこの橋は、犬が身投げする自殺の名所として知られている。身投げと書いたが、実際は「飛び込み」で、かれらは橋の上から谷底めがけて、一気に身をおどらせるのだ。

 この橋は1859年に架けられたトーンタウン橋(the Overtoun Bridge)。イギリスはスコットランドのダンバートンにある。最初の事例が報告されたのは1950年代から1960年代にかけてで、鼻先の長いコリー犬などのさまざまな犬種が突然、50フィート真下の川底に向かって跳躍するという奇妙な出来事がたてつづけに起きた。その理由は現在でも解明されていない。

2 ロラドフ・プート 1万2千年前のプレート

Lolladoff-plate2.jpg画像はロラドフ・プレート

 ロラドフ・プレート(the Lolladoff plate)は、ネパールで発見されたおよそ1万2000年前の石製品だ。どうやらエイリアンが訪れた場所は古代エジプトだけではなかったらしい。明らかにUFOの形をしたこのディスクには、グレイに非常によく似た図像が刻まれている。

3 グーグル・アースが発見 ゴビ砂漠の巨大モザイク

mosaic1.jpg画像は砂漠で発見されたモザイク模様

 写真の奇妙なラインは、中国甘粛省で見つかったもの。その位置は北緯40度27分(正確には40°27’28.56″N)、東経93度23分(同93°23’34.42″ E)。残念ながら、現在までのところ、この美しいモザイク模様の謎を解く鍵は見当たらない様子だ。いくつかの報告はこれが2004年につくられたことを示しもするが、公式な見解ではないという。

 注目されるのは、この模様が、1987年に世界遺産に登録された莫高窟(ばっこうくつ:敦煌石窟・敦煌千仏洞とも呼ばれる仏教遺跡。4世紀に開掘され、以後1000年ほどにわたって、600余りの洞窟に、およそ24,000体の仏像が彫られた)のほど近くにあることだ。モザイクは非常に広範な地域にまたがっていて、地形の激しい凹凸にもかかわらず、かたちをはっきりと保っている。

動画はYoutubeから

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ