モアイ像は日本人? 最新版「イースター島の歩き方」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
関連キーワード:

,

,

0317moai_05.jpg

 また2003年には、日本人観光客がモアイに自分と友人の名前を彫り込み、現地で逮捕されるという事件が起きた。モアイの前後には柵があるわけでもなく、容易に近づけるためだろう。一応、前方数メートルの小石が敷き詰められているエリアは立入禁止になっているが、写真撮影をしていると気づかないうちに踏み入れてしまうこともある上、人が多い日中ならまだしも、早朝や夜中などはモアイに近づき放題である。モアイの保全は、観光客のモラルやマナーで成り立っているといえるだろう。

 ちなみに、太平洋上にポツンと浮かんでいるイースター島は、日差しも風もかなり強烈なので、サングラスとウィンドブレーカーなどの防寒具は必須アイテムだ。ただし、空と海の美しさは「素晴らしい」の一言。島で唯一のビーチ・アナケナは白砂にヤシの林が並び立ち、まさに楽園のようである。

0317moai_06.jpg


■イースター島の日本食レストラン

 南国の島民といえば陽気なイメージだが、排他的なのか意外と冷たい面もある。もちろん、宿や土産物店のスタッフは愛想もよく優しい対応だが、地元の人用と思われるスーパーに入った際は、レジの前に立っているにもかかわらず、なぜか無視されてしばらく立ち尽くすはめに。こちらが片言の英語で語りかけると、ようやく存在を認識してくれたが、ジェスチャーで「あっちのレジに行ってくれ」と示されただけで、結局言葉すら交わしてもらえなかった。ただ、飲食店なども含めてほぼクレジットカードが使えるので、その点は絶海の孤島といえども便利である。

 また、島には野良犬が異常に多いが、これは島民が飼っていた犬を放置、そのうち繁殖してしまった結果だという。ちなみに、島内には一軒だけ日本食レストラン「甲太郎」があり、寿司や刺身、味噌汁などを食すことができる。店主のフランシスコ・ザビエル氏は日本で10年以上修行を積んでおり、流暢な日本語で「今日はいいマグロ入ってるよ」「なんにする?」とオーダーを取りに来てくれる。

 日本から遠路はるばる行くイースター島は、他の南米諸国やタヒチなどと組み合わせて行くのがベストだ。実際、現地で話をした他の観光客も南米観光の最後にイースター島に寄って帰る、といった旅程を組んでいた。筆者のように、この島だけを目当てに行くと「地球の裏側まで行って、何やってんの?」という奇異な目で見られることもあるので気をつけたい。

0317moai_07.jpg

(写真・文=モアイ田モアイ之助)

関連キーワード

コメント

4:匿名 2015年11月29日 00:19 | 返信

で何なの この記事。観光案内かよ

3:匿名 2015年3月18日 05:17 | 返信

一昨年イースター島だけに行ったが、特異な目で見られるような事はなかった。

地元の人が行く市場や商店に立ち寄ってみたが、冷たい面などもなかった。

イースター島はチリ領で、チリの公用語はスペイン語。
また、島独自の言語、ラパ・ヌイ語で挨拶をすると特に親近感を持たれる。

筆者の経験談だろうが、誤解を招くような内容の記事だと思う。

2:匿名 2015年3月18日 02:38 | 返信

フランシスコ ザビエル氏ってw
同姓同名なんだろうかwww

1:匿名 2015年3月17日 20:35 | 返信

行ってみたい!!!!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。