世界でいちばん放射線量の高い場所10 ― 汚染惑星、地球を知ろう【PART1】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

■第8位 ソマリアの海岸部/ The Somalian Coast

tSomalia02.jpg
Somalia01.jpg

 内戦のため、現在、無秩序状態に陥っているソマリアの海と土壌が、長期にわたって、始末におえない有害廃棄物をひそかに投棄する「世界のゴミ捨て場」として使われてきた疑惑がある。ソマリアは北が元イギリス領、南が元イタリア領。1960年に独立し、1969年に統一を果たしたものの、その後も南北の折り合い悪く、1991年には内戦が勃発した。

 政府と沿岸警備隊のこうした空白をついて、一部武装勢力がヨーロッパの企業と契約をとり交わし、先進諸国のさまざまな有害化学物質を国内にもちこんでは、海中や荒れ地に投棄してきた事実が次第に明らかになってきた。ここには600バレルの有害廃棄物と核廃棄物、また放射性医療廃棄物(radioactive hospital waste)が含まれているという。

somalia03.jpg

 ひそかに海に沈められた放射性廃棄物や重金属、カドミウムや鉛や水銀のバレルは、2004年12月26日に起きた、インドネシア・スマトラ島沖を震源とするM9.1の巨大地震と、これによる最大20メートルの大津波のために、長い海岸線に沿って打ち上げられて、ようやく人々の知るところとなった。

 国連環境計画(The United Nations’ Environment Program)は、錆(さび)ついた廃棄物のバレルが1990年代に投棄されたものと推測しているが、「ソマリアの海賊は元は漁師だった。放射能汚染で漁業できなくなって海賊業にくらがえした」とは、しばしば耳にするところだ。

 先進国のエゴイズムと一部ソマリア人の歪んだ欲望がいまや、建国からわずか55年のごく若い国を滅亡の瀬戸際にに追いやろうとしている。

 さて、以上3つのリポートを読まれたあなたは、地球のほとんどいたるところに、放射性物質に侵された場所(radioactive places)が広がっている事実に、思わず眼を見開かされる思いを味わったのではないだろうか? だが、その地の人々の多くは、彼らと子どもたちに悪影響をおよぼす放射線の恐怖の中で日々、生活を営んでいるのだ。
(文=石川翠)

動画は、YouTubeより

参考「brainz」「LiveScience

【原発ミステリー関連】
悪魔の球体デーモン・コアの臨界事故ミステリー
天才物理学者アインシュタインの知られざる10の素顔
【核ミステリー】28歳のカレンはなぜ怪死した?

石川翠のミステリーシリーズバックナンバーはコチラ

人気連載
油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

人気連載
選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

ある元キャバ嬢から聞いた怖い話です。  キャバクラが何を売っ...

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。