ついに伝説の魚「毛皮マス」が釣れた? 全身を真っ白な毛で覆われた不思議な姿!!

 日本同様、世界各国にはそれぞれの都市伝説が存在する。そして、米国で囁かれる都市伝説のひとつに、「全身がフサフサの毛で覆われた『毛皮マス(Fur-bearing trout)』が存在する」というものがあるのだが、今までその姿は剥製で確認することしかできなかった。ところが、ついに「毛皮マス」が釣れたという驚愕の話題が飛び込んできた!

ついに伝説の魚「毛皮マス」が釣れた? 全身を真っ白な毛で覆われた不思議な姿!!の画像1撮影:George Weber氏(「WISN.com」より)

 頭と尾ビレを除き、真っ白な毛がびっしりと生えた不思議な魚――。これを釣り上げたのは、ウィスコンシン州ミルウォーキーの中心部からほど近い、メノモニー川でマス釣りをしていた大工、ジョージ・ウェーバーさん(41)だ。写真を見た人々の間では、現在さまざまな憶測が飛び交っているが、それらをまとめると以下のように分類される。

・ まさに、伝説の魚「毛皮マス」であるとする意見
・ ひどい「水カビ病」にかかったマスであるとする意見
・ 写真はフェイク(作りもの)であるとする意見

 なお、ウェーバーさん自身は「地元の野生生物局に連絡をしましたよ。すると、世にも珍しい『毛皮マス』のことに触れた上で、重篤化した『水カビ病』についても説明してくれました」「本物の『毛皮マス』を釣り上げることができて興奮しています」と語っているようだ。

 ちなみに「毛皮マス」の噂は、米国において1930年前後から広まった“歴史ある”都市伝説だ。寒さに対応するため、独自の進化を遂げたマスの姿であるとされている。過去、Ross C. Jobeという人物がマスにウサギの毛皮を貼り付けて「毛皮マス」の剥製を作っていたことが判明し、一気にその信憑性は薄れてしまったが、それでも人知れず生息しているはずだと考える人々もいる。

 果たして、ウェーバーさんが釣った魚は、本当に「毛皮マス」だったのか? どちらにせよ、現在も「毛皮マス」に胸をときめかせるアメリカ人がいるということだけは確かなようだ。
(編集部)

参考:「WISN」、「UNEXPLAINED MYSTERIES」、ほか

関連キーワード:, ,

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

danger
イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

※こちらは2020年の記事の再掲です。 ――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・...

2024.02.27 08:00奇妙
青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
南海トラフ地震は2025年ではない!? 和歌山県と伊豆半島が…危機を乗り越える3つの波動グッズ

南海トラフ地震は2025年ではない!? 和歌山県と伊豆半島が…危機を乗り越える3つの波動グッズ

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.02.20 14:00スピリチュアル

ついに伝説の魚「毛皮マス」が釣れた? 全身を真っ白な毛で覆われた不思議な姿!!のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル