【独占入手】入院中の陰陽師が「気」を放出!? いわくつきの病院で、バッチリ撮影に成功!!

関連キーワード:

,

,

,

,

OnmyojiKi_2.jpg写真提供:青柳宇井郎氏

 まずは、こちらの写真をご覧いただこう。陰陽師・青柳宇井郎氏が今年7月の入院中に自撮りした写真である。すでに読者にはお馴染みだろうが、青柳氏は由緒正しき陰陽師の家系に生まれ、霊感が非常に強い。これまでにも、氏が撮影した心霊写真は何度もご紹介してきた。

 さて今回の写真では、青柳氏の顔面の前に不思議な白い煙が立ち現れている。一見するとタバコの煙のようにも見えるが、ここは病院だ。もちろん喫煙は厳禁である。

青柳氏「これは私の『気』です」

 なんと!! 陰陽師の気が写り込んだというのか!? 「気」とは森羅万象を構成する要素のひとつだが、一般的には不可視かつ流動的であり、さまざまな作用を起こすとされている。しかし、まれに気は凝固して、可視的な物質となる場合もあるのだという。

青柳氏「ここは曰くつきの病院でして、心霊スポットなんです。変な亡くなり方をした人の邪気が漂ってますね。その邪気を祓うために『気』を放出しました」

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ