自分で指を切り落とす…!! 実像を知る男が語る「見沢知廉、革命後の生き様」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

,

,

,

,

■「スパイ粛清事件」

 82年9月12日、他のメンバーらと一緒に、見沢はひとりの人間を殺めてしまう。これを見沢は終生「スパイ粛清事件」と言い、周囲の人間には「殺人事件」と呼ぶことを許さなかった。国家権力・公安のスパイを粛清した政治事件だと言い張ったのだ。

 2012年に公開された大浦信行監督による映画『天皇ごっこ 見沢知廉・たった一人の革命』で、その実相は明らかになっている。

 右翼のシンクタンクを作ろうとするヘゲモニー争いで、相手を査問しているうちに、脅しに使おうと用意していたバールで殴打して重傷を負わせてしまったのだ。そのまま帰せば彼の仲間から報復を受けるので、殺すことになったという。

 その場にいたメンバーのふたりが9月16日に自首。警察の捜査によって、見沢は全国指名手配され、9月23日出頭して逮捕される。イギリス大使館への火焔瓶投擲を含めて、懲役12年の判決を受け、川越少年刑務所、八王子医療刑務所、千葉刑務所で服役。その間、獄中で小説を書いて文学賞に応募し続けた。これは母親の協力があってできたことだ。二重労働に当たるとして、服役中の小説の執筆は禁止されていた。手紙に少しずつ、それと分からないように小説の一部を忍ばせて送り、受け取った母親が清書して応募し続けたのだ。


■小説家となった見沢知廉の生活

 成田闘争を続けていた私は、千葉刑務所に拘置され、彼のすぐ近くにいたこともあったのだが、実際に再会したのは彼が出所してからだ。私もその頃には闘争を離れ、ライターになっていた。

 彼の部屋を訪ねていくと、紙くず、コンビニ弁当の空箱、食べかけの煎餅などのゴミが、床から約50センチも積もっていた。部屋ごとゴミ箱になっているありさまであった。彼はその上で寝起きし、執筆もしていた。

 いつも、金がない、と嘆いていた。『囚人狂時代』は8万部以上も売れているのに、なぜ金がないのだ。そう聞くと見沢はこう答えた。

「12年間、貨幣を見ていなかったので、あると使っちゃうんだ」

 フィギュアや切手を集める趣味もあり、ファッションにもこだわっていたが、いったい何にそんなにも金を使っていたのか、いまだに不明だ。

『調律の帝国』を発表したのが、1997年。その後、体の不調が目立つようになる。98年11月3日、立教大学で講演中に脳梗塞で倒れ、その後の半年で7、8回も倒れている。タクシーを降りただけで骨折したこともあった。

関連キーワード

コメント

2:匿名 2016年1月14日 06:03 | 返信

まれなる文才と強烈な思念。殺人は本意ではなかったが彼のような団体での政治活動は命を懸けて、そして身内を司直に売らぬのは当然だ。過敏なる志士であり、薬物による失調症で錯乱死した。惜しい。合掌。

1:匿名 2015年8月28日 20:28 | 返信

>見沢は終生「スパイ粛清事件」と言い、

一水会の木村・見沢は卑怯な人間だよ。
その人は、公安のスパイでも何でもなく、ただ政治論争になって、カッとなって殺したんだよ。

前代表の鈴木、現代表の木村、見沢たちは、グルになって、その死体を損壊して、埋めて隠したんだよ。

これが一水会の鈴木・木村の、本当の顔だよ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。