自分で指を切り落とす…!! 実像を知る男が語る「見沢知廉、革命後の生き様」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

,

,

,

,

■荒れ続ける私生活、そして…

 この頃、プラスチックケースに入った白い錠剤を大量に口に放り込み、ガリガリと噛んで飲み下すのを、会う度に目にすることになる。抗うつ剤だった。

「ここは、ちょっと言えばすぐに薬をくれるんだよ」

 そう言って、行きつけのクリニックに連れて行ってくれたこともある。

 抗うつ剤を大量に飲んで何日間も眠らずにハイになり、その後は、何日も眠りこけるというパターンが続く。原稿が書けなくなり、イベントの約束なども守れなくなる。仕事は激減した。

 以前から見沢は悪筆だったが、抗うつ剤への依存がひどくなると、話していることもわからなくなってきた。電話で話していてもまったく理解できず、彼が納得して受話器を置くまで待つしかない。どうせ来ないだろうと思いつつ、イベントのメンバーに入れておいたら、「本当に来たの!?」と驚かれながら登壇したこともある。この時も、何を話しているのかまるでわからなかった。

 自然と距離を置くようになってしまったが、2004年、見沢から残暑見舞いがきた。指を切ってICU(集中治療室)入りしたと書いてあった。どういう意味かと思ったが、読める字ではあった。横浜に移住したというので行ってみると、両方の小指がない。

「まあ、事故っていうことで」

 本人は言葉を濁したが、自分で切り落としたのだ。多量に出血したが、偶然に訪ねてきた母親がそれを見付け、すんでのところで助かった。

 話している内容もわかったし、見たところ、普通だった。入院した病院では抗うつ剤をくれなかったので、薬が抜けたのだと、彼は語った。

 2005年は次第に執筆も再開し、体調も回復へ向かっていた。亡くなったのは、月刊『新潮』に掲載の決まっていた『愛情省』の原稿に手を入れていた頃だった。

 9月7日、住んでいたマンション8階の手すりを乗り越えて、見沢は宙に飛んだ。自殺としか見ようがないが、本当に死のうとしたのか、と今でも疑問に思う。薬物依存との闘いの中で、彼の精神に事故が起きてしまったのではないか。10年経っても、無念の思いは去ってくれない。
(文=深笛義也)


■深笛義也(ふかぶえ・よしなり)
1959年東京生まれ。横浜市内で育つ。18歳から29歳まで革命運動に明け暮れ、30代でライターになる。書籍には『エロか?革命か?それが問題だ!』『女性死刑囚』『労働貴族』(すべて鹿砦社)がある。ほか、著書はコチラ

※日本怪事件シリーズのまとめはコチラ

関連キーワード

コメント

2:匿名 2016年1月14日 06:03 | 返信

まれなる文才と強烈な思念。殺人は本意ではなかったが彼のような団体での政治活動は命を懸けて、そして身内を司直に売らぬのは当然だ。過敏なる志士であり、薬物による失調症で錯乱死した。惜しい。合掌。

1:匿名 2015年8月28日 20:28 | 返信

>見沢は終生「スパイ粛清事件」と言い、

一水会の木村・見沢は卑怯な人間だよ。
その人は、公安のスパイでも何でもなく、ただ政治論争になって、カッとなって殺したんだよ。

前代表の鈴木、現代表の木村、見沢たちは、グルになって、その死体を損壊して、埋めて隠したんだよ。

これが一水会の鈴木・木村の、本当の顔だよ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。