【心霊】ローマ教皇の背後で睨む、怖すぎる人影! パレード中の心霊写真に地元メディアも騒然

関連キーワード:

,

,

■なぜ映像に写らなかったのか?

 なお、パレードの様子は放送局の中継車によって映像でも収められていたが、そこに不可解な人影は写り込んでいなかった。人々は、特にこの点に困惑しているようだ。しかし、このような事態は十分に起こり得るというのがオカルト研究家たちの見解である。 そもそも心霊現象とは、そこに居合わせたすべてのカメラによって一律に捉えられるものではなく、その存在と、それをキャッチする撮影者側のセンシビリティ(感受力)が合致してこそ現れるものであると考えられている。そのため今回の写真は、撮影者の強い信仰心があってこその所産である可能性が高いというわけだ。


■それは守護霊か、ヨハネ・パウロ2世か?

pauro000.jpgソックリ? 故・ヨハネ・パウロ二世(右)と比較。画像は、「Wikipedia」より

 では、ポープモービルに現れた不可解な人影の正体とは一体何だったのか? 単に後部座席に座っていたアルベルト・スアレス・インダ枢機卿の顔がぼやけただけではないかという説もある。しかし、信心深いカトリック教徒の間では、「教皇の守護霊に違いない」「ヨハネ・パウロ2世(2005年に死去した第264代教皇)に似ている」「純粋なる奇跡、それ以外にない」などの声が上がっており、議論は紛糾しているようだ。

ニュース番組でこの写真が放送された様子「YouTube/Azteca Noticias」より

 カトリック教会において「聖人」として認定されるためには、少なくとも2回の奇跡を起こすことが条件とされている。そして教皇フランシスは、祝福の接吻によって幼女の脳腫瘍を劇的に改善させるなどの奇跡をすでに起こしている人物である。その周囲で、人智を超えた出来事が連発しても、もはや何の不思議もないのかもしれない。これからもトカナは現教皇の一挙一投足に注目し続けよう。
(文=編集部)

参考:「ChurchPop

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ