13年後、世界の街並みはこう変わる! 荒廃、スラム化、終末的な「未来予想図」が話題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 一方、ブラジル・リオデジャネイロには明るい未来が待っているようだ。おそらくリオ五輪で経済的発展を遂げたのだろう、未来都市に様変わりしている。だが、あまりにも楽観的な気もするが……。

deusex_06.jpgリオデジャネイロ「Deus Ex公式サイト」より引用

 スウェーデン・ストックホルムも円形のドームや波打ったような建築物が立ち並ぶ理想的な未来都市になっている。スラムと化したブラックプールに比べ、なんと余裕のある街並みだろうか。2016年の経済格差は今以上に激しさを増しているのかもしれない。

deusex_07.jpgストックホルム「Deus Ex公式サイト」より引用

 さて、いかがだっただろうか? 「荒唐無稽」と思われた読者もいるかもしれない。しかし、現実の世界でも「イスラム国」によるテロ行為や移民問題など世界を激変させる可能性がそこら中にあるのは事実だ。そして、その帰結はゲーム以上に凄惨かもしれない。たとえば、『Deus Ex: Mankind Divided』の世界では、2029年のストックホルムは近代的で明るい都市になっているが、昨今スウェーデンでは移民による犯罪件数が増加に伴い移民に対する国民感情が悪化している。今年1月には極右団体が移民の子どもを襲撃する事件が起こっていることからも、これほど明るい未来は期待できないかもしれない。リオデジャネイロに関しても、オリンピックが開催されるとはいえ、それだけで将来の成功が保障されるわけではない。

 また、ローマ教皇フランシスコが第三次世界大戦の勃発を宣言したように、我々はすでに破滅に向かって進んでいるとの見方もある。ゲーム内で描かれたマドリードのような荒廃が世界中で発生する可能性も否定し切れないだろう。

 ちなみに、『Deus Ex: Mankind Divided』には他にも、シドニーやパリといった都市の未来が描かれている。今のところ日本の都市が含まれているとの情報はないが、映像のクオリティを堪能したい方や未来の世界に想いを馳せたい方は購入を検討しては如何だろうか? 海外版は今月23日、日本語版はそれ以降の発売になる見通しだ。
(編集部)

『Deus Ex: Mankind Divided』トレーラー映像「YouTube」より引用


参考:「Deus Ex公式サイト」、「Daily Mail」、ほか

コメント

3:匿名 2016年11月5日 14:32 | 返信

五年後の東京オリンピックの施設建設だってかんかんがくがくなのに
たった13年でこんな風にはならない。

2:匿名 2016年8月7日 01:02 | 返信

デームデザイナーってなんぞ?

1:匿名 2016年8月5日 00:10 | 返信

バカか?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。