尖閣問題で、中国だけではなくアメリカも高笑い! “ナメられた日本”は領土も金も強奪されるシナリオへ突入中【本当の陰謀】

関連キーワード:

,

,

,

Senkaku-uotsuri.jpg


 突如緊迫化した日中関係の裏で、またしてもアノ国がほくそ笑んでいる可能性がある。

 2016年8月に入ってからすでに400隻あまりの中国漁船が尖閣諸島周辺の接続水域に侵入。中国の本格的な領土侵入の足音が聞こえてきたことで、日本でも懸念の声が上がっている。だが、この問題に関して果たして日本は“尖閣諸島を中国から守る”ことだけを考えていればいいのだろうか? 今回トカナは政府関係者から驚きの調査結果を得ることに成功した。


■中国有利の現状

「あまり報じられていませんが、中国公船は、尖閣諸島の接続水域に常に3隻は常駐しています。それを海上保安庁が監視しているわけですが、もちろん政府から『手を出してはならない』と命じられているため、ただ傍観するのみ。にもかかわらず、中国公船の数が増えたら全国各基地から出向いて緊急出港し、『傍観』という任務を課せられる。メディアには書かれていませんが、はっきり言って、海保はもうヘトヘト状態で音を上げています。なにせ、中国船は膨大な数存在するうえに、尖閣へは中国の方が近いんですから」(政府関係者、以下同)

「消耗戦になって音を上げるのは日本ですが、中国はまさにその“疲弊待ち”の状態です。恐らく日本が疲弊したところで事実上の領土の共同管理状態をつくりだしていこうという算段でしょう。中国の常套手段ですが、今の状態を常態化させて中国漁船の取締りを始め、『事実上の管轄権を行使した』という既成事実を作ることから共同管理にもっていくでしょうね。実効支配するかどうかはまだ先の話になると思いますが」

 実効支配はしないといっても、尖閣諸島が日本固有の領土であることは歴史的にも国際法上も明らか。にもかかわらず、わが国の領土をこのまま中国の手に渡していいのか?

「もちろんよくありません。中国は尖閣を管理下におくことで東シナ海へと出ることが容易になりますから、ますます軍事力を増大させることにつながります。だからといって、日本は疲弊してでも今の姿勢を貫くべきかというと、一概には言えません」

関連キーワード