ウサイン・ボルトに「イルミナティ」説が急浮上!五輪レース中にも悪魔のサインをみせていた!

 先日トカナは、リオ五輪開会式に秘密結社「イルミナティ」の悪魔的象徴が多数隠されていたことをお伝えしたが、またしてもオリンピックに隠された事実が暴露された。なんと、ある超有名メダリストが「イルミナティ」のメンバーだったというのだ。


■ボルトが見せたハンドシンボル

 8月22日付の英紙「Mirror」によると、陰謀論界隈でオリンピック金メダリストのウサイン・ボルトが、かの有名な秘密結社「イルミナティ」のメンバーだという噂がまことしやかに流れているという。というのも、先日のリオ五輪においてボルトが「イルミナティ」である証拠を自ら漏らしてしまったからだそうだ。

 「イルミナティ」を中心に秘密結社の動向を探っているYouTuber、The Vigilant Christianは、ボルトがリオ五輪の会場で「イルミナティ」のハンドシンボルを使用していたと主張している。

 にわかには信じがたいが、ともかくボルトのハンドシンボルを見てみよう。

ウサイン・ボルトに「イルミナティ」説が急浮上!五輪レース中にも悪魔のサインをみせていた!の画像1画像は「Mirror」より引用
ウサイン・ボルトに「イルミナティ」説が急浮上!五輪レース中にも悪魔のサインをみせていた!の画像2画像は「Biblioteca Pléyades」より引用

 レース直前のボルトをとらえた写真だ。人差し指を口元に当て、なにやら気難しい表情をしている。一見したところ、精神を沈めて集中力を高めているだけのように見えるが、The Vigilant Christianは、これこそ「イルミナティ」の“静寂のシンボル”だというのだ。

 このシンボルは、「イルミナティ」と同盟関係にあった中世の神父が、修道士や信者に秘密を漏らさぬようにという意味を込めて使ったのが始まりだといわれている。ブッシュ政権時代に国務長官を務めたコリン・パウエル氏など、多くのアメリカ政財界の「イルミナティ」メンバーが好んで用いているシンボルだという。

ウサイン・ボルトに「イルミナティ」説が急浮上!五輪レース中にも悪魔のサインをみせていた!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで