【衝撃映像】スペースXのロケット爆発にUFO関与か!? 攻撃される瞬間と、裏で渦巻く陰謀とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント10

UFOspaceX_5.jpg左:マーク・ザッカーバーグ、右:イーロン・マスク 画像は、「The Daily Mail」より引用

1. ドローンの場合――アフリカ利権をめぐる陰謀

 実は今回の「ファルコン9」には、イスラエルの衛星事業会社スペース・コミュニケーション(スペースコム)の通信衛星「AMOS-6」が積まれていた。目的は、アフリカのサハラ砂漠以南の地域にインターネットアクセスを提供するため。しかもこの事業は、米フェイスブック社が先導している。今回の事故を受けて、同社CEOのマーク・ザッカーバーグ氏も「すべての人にインターネットへの接続を提供するという使命を達成することができず、とても残念だ」というコメントを発表している。

 では、この試みで誰が一番損をするのか? アフリカ諸国でインターネット接続環境が整うことをもっとも危惧している存在、それは中国だろう。近年アフリカ諸国に莫大な投資を行い、インフラ整備も担うなど“金にモノをいわせた”援助を行ってきた中国。資源開発に協力はするが、現地では中国人の労働者を使い、投資した金は自国の製品を売りつけて回収するという、横暴な姿勢が鮮明になってきている。もちろん、インターネット網の整備も自分たちが担いたいと考えていることだろう。また、完全に自由なインターネットアクセスが衛星によって提供されてしまっては、中国の“やり方”に対する反感の渦が一気に醸成される可能性もある。(インターネットの影響力を中国政府が恐れていることは、自国での対応を見ても明らかだろう)

 つまり、今回の「ファルコン9」打ち上げによってアフリカ利権を失うことを危惧した中国が、秘密裏に行動に出たという憶測も成り立つというわけだ。

UFOspaceX_3.jpg画像は、「YouTube」より引用

2. UFOの場合――地球外知的生命体の怒りを買った

「ファルコン9」の大爆発について、著名UFO研究家のスコット・ウェアリング氏は、自身のサイト上で地球外知的生命体による攻撃説を唱えている。ウェアリング氏によると、スペースX社とイーロン・マスクは米軍との協力関係にあり、極秘裏にそのスパイ衛星や軍事衛星を「宇宙の平和利用」という原則に反して多数打ち上げている可能性があるとのこと。

 そう考えると、スペースX社とは、米軍が宇宙人たちに“バレないように”さまざまな目的の衛星を打ち上げるために設立されたカモフラージュにすぎないことになる。各国のUFO研究家によると、すでに地球にやってきている地球外知的生命体たちがこのような動きを見逃すはずがない、とのこと。つまり、イーロン・マスクと米軍に対して「我々はすべて知っている」という警告を発する意味で、今回の攻撃が行われた可能性もあるというわけだ。

 ロケット技術が大陸間弾道ミサイルなどに転用可能であることは周知の事実だが、前述のウェアリング氏は、昨今のスペースX社が大量破壊兵器の商人としての性格を強めてきていると危惧しているようだ。このような点も、地球外知的生命体の怒りを買ってしまった原因なのかもしれない。

UFOspaceX.jpg画像は、「YouTube」より引用

 果たして、「ファルコン9」の大爆発の裏で、何らかの陰謀が渦巻いているのか――? 今後もスペースX社、そしてイーロン・マスクの動向から目が離せないことだけは確かだ。
(編集部)


参考:「The Daily Mail」、「UFO Sightings Daily」、「NHK NEWS WEB」、ほか

コメント

10:匿名 2016年9月12日 04:19 | 返信

こういう物体を合体キュウブとかホログラムの鳥とか言ってる人もいる

9:匿名 2016年9月12日 04:13 | 返信

空の撮影ではこういう物体が良くうつりこんでる
瞬時に飛んでるのも有るので、何なのか解らない
こういう物体を合体キュウブ??とかいう人もいたっけ
ただの虫か鳥というのが真実だろう

8:UFO教授 2016年9月11日 20:52 | 返信

 結論から言えば、カメラの前を通った虫でしょう。鳥かも知れませんが。

 理由は、
 9月12日月曜朝の、テレビ朝日「グッドモーニング」で、解説しますが、カットされる部分も有るかも知れないので、要点だけまとめます。

 物体は、太陽光を受けて上側が明るく見えるのに、爆発光を反射していません。ロケット近くの鉄塔は、爆発光を反射してその面が明るくなりますから、物体が、ロケットから離れていることは確かです。明るさが変化しないという事は、手前側にあるからでしょう。
 より遠方にある可能性は無くはありませんが、それでも多少光を反射しないとおかしいですね。大きさもおかしいです。この映像は望遠レンズで3Km遠方から撮影されています。(後述)
 望遠レンズでは遠近感が圧縮されるため遠方にあっても大きさがほとんど変りません。ロケット先端部の太くなっているところの縦の長さが約5mですから、物体の大きさは、数十センチメートルしか有りません。宇宙人の超兵器にしても変ですね。
 それとこの映像、編集加工がされています。映像自体、圧縮ノイズがかかっているために正確な形状は分かりません。
 もっとも問題なのは、音声トラックをずらす加工がされている点です。実際の映像では、爆発が起きてから、爆発音が聞こえるまで、12秒ほどかかっています。それをずらし、映像の爆発の瞬間に合わせています。遙か遠方にある物体の爆発音がすぐに聞こえることに疑問を持たなかった人は、花火を見たことが無いのでしょうか。

 いずれにしても、結論は、少なくともこれは超高速の飛行物体では無く、カメラ近くを飛んだ虫です。実際同じようなものが、たくさん飛んでいます。たまたまこの瞬間にうまい場所を飛んでいる様子が映った、ってだけですね。

TOCANA編集部殿 < たまには、UFO映像解析を、私に依頼してみませんか?きちんと化学分析したら面白くなくなっちゃうから、デタラメでも面白い話をする人の方が良い、というのなら、相談に乗ることはできませんが。

7:匿名 2016年9月7日 10:03 | 返信

>> 6

虫の可能性もあるよね
ただ、虫だったら、カメラに近いので、もうちょっとピンボケにならないかな?

6:匿名 2016年9月6日 17:58 | 返信

虫だろ
爆発前からたくさんカメラの前を横切ってるじゃん

5:匿名 2016年9月6日 14:10 | 返信

鳥型UFOかもしれない(白目)

4:匿名 2016年9月6日 13:25 | 返信

羽ばたいてるwww
鳥確定

3:匿名 2016年9月6日 13:10 | 返信

鳥のスピードではありえない!!!

って、主張してる人たちもいるけど、羽ばたいてるもんね
距離も考えれば、速さもありえるし

2:匿名 2016年9月6日 12:46 | 返信

普通にドローン

1:匿名 2016年9月6日 11:51 | 返信

鳥が横切っただけやねw
https://youtu.be/_BgJEXQkjNQ?t=64

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。