「ジョンベネ殺害事件」の真犯人がついに判明か!? 再検証番組が導き出した衝撃の真実に全米震撼!

 当時6歳の美少女が殺害された20年前の未解決事件“ジョンベネ殺害事件”に新たな動きが出てきている。遂に事件の詳細と真犯人が明らかになるのか――。


■ジョンベネちゃんの兄が沈黙を破る

 米・CBS放送の人気トーク番組『Dr. Phil』に先頃、なんと“ジョンベネ”ちゃんの兄であるバーク・ラムジー氏が出演し、事件当時を振り返るインタビューに応じて世間の耳目を集めた。

インタビューに応じるバーク・ラムジー氏 動画は「The Dr. Phil Show」より

 インタビューの最中、バーク・ラムジー氏はどういうわけか常ににこやかな笑みを絶やさず、その様子が一部の視聴者の不評を買ったという。そしてそもそも、事件から20年を経たこのタイミングでどうして世間の前に再び姿を現したのか、番組側の要請を受けただけにすぎないにせよ、その真意が計りかねないという意見も多かったようだ。

 そして先日、同じくCBS放送で“ジョンベネ殺害事件”を再び検証したドキュメンタリー番組『The Case Of: JonBenet Ramsey』が2回にわたって放送された。実際に当時事件を捜査していた元FBI捜査官や、犯罪科学の専門家らによって事件をあらためて検証した同番組だったが、後編の結論では驚くべき指摘が提示された。なんと、ジョンベネちゃんの兄であるバーク・ラムジー氏(当時9歳)が真犯人である可能性が高いというのだ。


■20年前の迷宮入り事件をあらためて検証

 つい先日、同局のトーク番組に出演したジョンベネちゃんの兄が真犯人であるとは、CBSの話題作りの意図も感じるのだが、存命の人物を殺人犯として名指しするということは、よほどの確証をつかんでいるということになるはずだ。ではいったん、“ジョンベネ殺害事件”を簡単に振り返ってみよう。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ