• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
Mayan_Superhighways1201.jpg
画像は「YaleNews」より引用
Mayan_Superhighways1203.jpg
画像は「Wikipedia」より引用

 紀元前3000年ごろから、現在のメキシコ南東部、グアテマラ、ベリーズにまたがる地域で栄えたマヤ文明は、驚くほど高度な技術を発展させていたことで知られる。高度な天文学的知識に支えられたマヤ暦や、20進法による計数法、表音文字と表意文字から成るマヤ文字、林立した都市群に見られるピラミッド状の建築技術などの、高度な技術でジャングルに適応した独自の文明を、西洋文明と接触するはるか以前から築いていた。

 また、マヤ文明はスペインが入植する16世紀まで存続していたとされるが、9世紀ごろから次々に諸都市が放棄され衰退していったことが明らかになっている。この、いわゆる「マヤ文明の崩壊」は、いまだに多くの謎を残しており、現在でも歴史ファンの間では論争の対象になっている。

 マヤ文明が栄えた場所は、現在でも広範囲が鬱蒼としたジャングルに覆われており、最近になっても新たな遺跡が発見され続けていることも、我々を惹きつける魅力のひとつと言えるかもしれない。世界の謎を探求する科学系サイト「MYSTERIOUS UNIVERSE」が12月14日に伝えたところによると、マヤでまた衝撃的な発見があったようだ。なんと2,000年ほど前の“高速道路”が見つかったというのだ! 総距離は240kmに及ぶそうだが、240kmといえば東京駅から福島駅までの直線距離に匹敵する! “高速道路”と呼んで差し支えない大規模なものであったことが伺える。一部では、その高度な知識体系と技術から、宇宙人の関与が指摘されている古代マヤ文明だが、やはり古代マヤ人たちはただ者ではないかもしれない……。


■17もの道路から成る巨大交通網!!

 今回、古代マヤの“高速道路”を発見したのは、ユタ大学の考古学・文化人類学者、リチャード・ハンセン氏が率いる考古学プロジェクトチーム。彼らは今月、2年に及ぶ北グアテマラ、ペテン県における調査結果を発表した。彼らが調査に使用したのは、「レーダー画像検出と測距(LIDAR)」という調査技法。レーダーの電波を光に置き換えた技法で、レーザー照射に対する散乱光を測定することで、遠距離にある対象物までの距離や、対象物の性質を分析することができるのだそうだ。彼らは、この技術を使ってマヤ文明の都市、エル・ミラドールがあった場所の、高解像度2D、3Dマップを作成した。するとそこには、太古の“高速道路”が浮かび上がってきたというのだ。

Mayan_Superhighways1204.jpg
画像は「MYSTERIOUS UNIVERSE」より引用
Mayan_Superhighways1205.jpg
画像は「MYSTERIOUS UNIVERSE」より引用

 画像を見ると、碁盤の目状の正確な筋が、地図上にはっきりと確認できる。この複雑な交通網は、17の道路から成り、前述の通り総距離は240kmに及ぶ。都市と都市を結ぶ長距離道路というより、都市内に張り巡らされた交通網のようだ。これほど大規模な道路を作るには、莫大な労力が費やされたことだろう。そこまでするほどに、古代マヤ人にとって、この道路は必要だったのだろうか!? この道路の使用目的について、発見者であるハンセン氏は私見を述べている。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。