「月曜日が嫌いだから」小学校銃撃 ― 史上最もヤバい殺人の動機10選!

関連キーワード:

,

,

,

,

,

 最も多い殺人の動機とは何だろう? 金銭? 愛情のもつれ? しかし、世の中にはトンデモナイ理由から殺人を犯す怪物が存在する。

1. ヒーローへのあこがれ

「月曜日が嫌いだから」小学校銃撃 ― 史上最もヤバい殺人の動機10選!の画像1All Day」の記事より

“死の天使”こと、リチャード ・ アンジェロは、米国ロングアイランドのグッド・サマリタン病院の看護師だった。彼は、自分の仕事が十分な称賛を得られていないと思い込み、患者に毒薬を投与し、危篤状態に陥らせた上、患者たちを救うことでヒーローになろうと考えた。その試みの結果、彼は40人近くの患者に毒を盛り、そのうち25人が死亡した。1990年1月、彼は最低50年から終身までの不定期刑を言い渡された。

2. 「月曜日が嫌いだから」

「月曜日が嫌いだから」小学校銃撃 ― 史上最もヤバい殺人の動機10選!の画像2All Day」の記事より

 1979年1月29日、サンディエゴに住む16歳のブレンダー・スペンサーはライフルで彼女の家の向かいにある小学校の子どもたちを銃撃しようと試みた。その結果、子どもたちを避難させようとした校長のバートン・ラグと守衛のマイク・サッチャーが死亡、8人の子どもと警官が負傷した。スペンサーは第一級殺人その他で有罪となった。彼女は最低25年から終身までの刑を言い渡され、現在まで仮釈放申請はすべて却下されている。この恐ろしい行為の理由を聞かれると、彼女は「私はただ月曜日が嫌いなの」と語った。また、「たくさんの子どもたちが撃たれるのを見るのは楽しかった」とも話した。

3. ナチスの脅迫

「月曜日が嫌いだから」小学校銃撃 ― 史上最もヤバい殺人の動機10選!の画像3All Day」の記事より

 アメリカの連続殺人犯、リチャード・トレントン・チェイスは「サクラメントの吸血鬼」と呼ばれる。それは、彼が犠牲者の血を飲み、遺体を食べたからである。彼は1977年12月29日に最初の被害者となる男性を射殺し、その次の月にはさらに5人を殺し遺体を食べた。

 彼の主張は、ナチスが自分に毒を盛り、血液を粉にしようとしている。生き続けるためには他人の血肉を食べる必要があるというものであった。チェイスは1979年に6件の第一級殺人で裁かれた。1980年12月26日、刑務所の看守は、彼の独房で本人の死体を発見した。検死では、処方されていた抗うつ剤の過剰服用による死と結論付けた。


4. 神からのお告げ

「月曜日が嫌いだから」小学校銃撃 ― 史上最もヤバい殺人の動機10選!の画像4All Day」の記事より

 食人者で小児性愛者であるアルバート・フィッシュは、最凶の連続殺人犯の1人である。彼は100人以上の子どもに性的虐待を行い、少なくともその中の5人を殺害(実際は400人を殺したという説もある)、うち1人の被害者の両親には、彼が子どもに行った恐ろしい所業を詳しく解説した手紙を送った。彼は神から「子どもを拷問にかけて食べる」ように言われたと主張した。1936年、ニューヨーク州の刑務所で電気椅子によって処刑された。


5. 2人の“食人”の夢がSNSで実現

「月曜日が嫌いだから」小学校銃撃 ― 史上最もヤバい殺人の動機10選!の画像5All Day」の記事より

「クレイグズリスト(地域生活情報コミュニティサイト)の食人鬼」として知られるアーミン・マイヴェスは、2001年にドイツでクレイグズリストを通して知り合ったバーンド・ブレンデスから許可を得て彼を殺して食べた。コンピューター・プログラマーだったブレンデスは「生きたままの私を食べるチャンス」と題した広告を掲載し、自分を食べてくれる人を探していた。それに10代の頃から人肉を食べる事を妄想していたマイヴェスが応えたのだ。

 食べられたブランデスは睡眠薬、鎮痛剤、アルコールを与えられ、マイヴェスが彼のペニスを切断して料理をしたという。人体を食べる模様はすべて撮影されており、警察はそのビデオを発見。2002年、マイヴェスが新たに食人をさせてくれる相手を募る広告を出したことが発端となり逮捕された。マイヴェスは、はじめ傷害罪で8年の刑を言い渡されたが、2006年にフランクフルト裁判所は再審を請求。その結果、彼は殺人罪で終身刑となった。マイヴェスは逮捕後ベジタリアンとなったというが……。

「月曜日が嫌いだから」小学校銃撃 ― 史上最もヤバい殺人の動機10選!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル