地球は丸くなく、ジャガイモ型だった!? 実はウソだった科学の常識3つ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7
関連キーワード:

,

,

,

,

■太陽は黄色や赤ではない

 二つ目の常識のウソは、太陽は黄色く燃えているということ。子どもがお絵書きの際に描く太陽は、たいてい黄色やオレンジ色、赤などのクレヨンで描かれているが、実際の太陽の色は黄色でもオレンジ色でも赤でもない。太陽の色は白なのである。

3spacemyths2.JPG画像は「Wikimedia Commons」より

 科学的に考えれば、どんな光でもその色はその温度に依存しているといえる。6000度ともいわれる太陽の表面温度では、白色に輝いているのである。それでは、なぜ地表から太陽を見ると、黄色から赤に見えるのであろうか。それは、地球に大気があり、光が大気を通過する際に、波長の短い紫色から緑色の光は大きく回折してしまい、波長の長い黄色から赤の光が地表に届くからなのである。もし、大気のない宇宙空間から太陽を見たら、白く輝く光球に見えるはずである。

whitesun0215.jpg画像は、

■月の裏側はダークサイドではない

 三つ目のウソは、月にはダークサイドがあるということ。月は、地球にとって一番身近な天体であるにもかかわらず、いまだに謎だらけの天体であることには間違いないのであるが、月の裏側がダークサイドであるということはない。

3spacemyths3.JPG 画像は「Wikipedia」より

 月の裏側にはまったく、太陽が当たらないわけではなく、偶然にも月の自転と地球の自転が同調しており、地球から月を見た場合に、いつも同じ面が見えているだけであって、月もちゃんと丸い天体であり、地球から見て裏側にも太陽の光は当たっているのである。
(文=高夏五道)


参考:「EWAO」、ほか

関連キーワード

コメント

7:匿名 2018年3月31日 22:18 | 返信

>> 6

反証も実証もしようのないことをいくら並べ立てても科学とはなり得ません
精神論ではないとおっしゃいますがあなたの言っている事はまさに精神論です

6:匿名 2018年3月9日 22:01 | 返信

地球球体説はい知ったかを検索してここにきました、
地球は丸いのは皆知っていますが、
ところで、宇宙の姿は?

これは持論なので信じてもらわなくていいですけど、これはただの精神論や思想とかではなく科学としての持論です。
宇宙の中心は自分(観測者)であり、自分(観測者)を中心点として自分の内面と外側の宇宙とが、クラインの壺(表裏一体)状態になっています、外側に意識を拡張させていくと行きつく先は自分の意識する内面から戻ってきます、実は外側にあると思われている数百億光年にも広がる宇宙は、自分の内面世界です、

だから科学者が宇宙の中心や宇宙の果て宇宙の始りなんて研究しても見つかりませんし、
ほぼ意味がありません、「意識」を研究しないと量子力学ではそのことがわかりつつありますね。

5:匿名 2018年3月9日 22:00 | 返信

地球球体説はい知ったかを検索してここにきました、
地球は丸いのは皆知っていますが、
ところで、宇宙の姿は?

これは持論なので信じてもらわなくていいですけど、これはただの精神論や思想とかではなく科学としての持論です。
宇宙の中心は自分(観測者)であり、自分(観測者)を中心点として自分の内面と外側の宇宙とが、クラインの壺(表裏一体)状態になっています、外側に意識を拡張させていくと行きつく先は自分の意識する内面から戻ってきます、実は外側にあると思われている数百億光年にも広がる宇宙は、自分の内面世界です、

だから科学者が宇宙の中心や宇宙の果て宇宙の始りなんて研究しても見つかりませんし、
ほぼ意味がありません、「意識」を研究しないと量子力学ではそのことがわかりつつありますね。

4:匿名 2018年3月6日 00:46 | 返信

どう考えても記事製作者はジオイドの語が意味するものをわかってないし
そのジオイドを大幅に誇張した(ジオイドの凹凸なんて高々±100メートルのオーダーですよ?)
図を見て地球はジャガイモみたいにデコボコしてるとか言い出すし・・・
上の写真も誇張されてるってのがわかるんなら下のCGも誇張されてるって分かれよ・・・

3:1 2017年2月16日 17:30 | 返信

>>2
ありがとうございました。

2:匿名 2017年2月16日 13:27 | 返信

>>1
ヒマラヤのたとえは何もまちがっていませんよ。
地球の直径 12,742 km
エベレストの標高 8,848 m
8.848 ÷ 12742 ✕ 100 = 0.06943 (%)
エベレストの高さは地球の直径の0.069%しかありません。地球が直径1.2mのボールだとすると、エベレストの起伏は約0.8mmにしか相当しません。
地球はほぼ球体と言って何ら差支えありません。

1:匿名 2017年2月16日 12:33 | 返信

ヒマラヤでも、地球をボールの大きさに例えると、表面に付いた砂粒ぐらいの大きさしかない、と聞いたが、あれは嘘だったんだね。
ところで、月の裏側には太陽の光が当たらないなんて、誰がそんな嘘っぱちを言ったの?
小学3年生の理科の内容だぞ、そんなの。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。