籠池の大ウソ、安倍昭恵、政府翻弄…「安倍が麻生に辞表出す」永田町に出回る怪情報も!

【今後の見通し/政府関係者の見立て】

・「籠池氏の主張と昭恵夫人の主張は真っ向から対立しているが、どちらがファクトかを証明することは不可能。たとえ証人喚問で昭恵夫人を問いただしたとしても、これまでと同じ主張をするだろうし、密室での現金授受は証拠がない、と見るべき」(関係者談)

・「たとえ籠池氏を特捜部が偽証罪で捜査したとしても、証拠のないもので起訴することはできない」(関係者談)

・「政権側としては偽証罪で告発するとなると、昭恵夫人が捜査対象になる可能性が高いため、その選択肢はないと見るべき」(関係者談)

・「ここは原点に戻って、補助金の不正取得で告発するのが常道ではないか。籠池氏も証人喚問で3通の契約書に関して問われ、度々背後に控える弁護士に確認のうえ「刑事訴追の恐れがあるので答弁を控えさせていただきたい」と答弁しているように、違法であることを認識している部分なのである。よって、政権としては籠池氏の違法行為を司直の手に委ねるとともに、昭恵夫人の証人喚問には応じることなく、時が解決するというシナリオで嵐が過ぎ去るのを待つという腹だろう。メディアもさすがにネタが尽きても取材を続けるわけにもいかないからね」(関係者談)

【陰謀】

 森友問題のゴタゴタに乗じて、最近永田町に怪情報が飛んでいるという噂がある。それは「安倍総理が麻生副総理に辞表を出す意向である」というもので、現在永田町界隈ではまことしやかに囁かれている。なぜこの時期にこのような情報が流されたのか。政界に詳しいジャーナリストによると、「麻生は、かつてのように安倍の次を狙っている(第一次安倍政権時のように)。どうもその麻生が、世間に対して安倍総理が辞任するかのようなフェイク情報を意図的に流し、世論を安倍総理辞任に誘導する陰謀を画策している」というのである。一方で、これまで森友問題で名前が出てきていないが、籠池氏と親しかった“大物政治家N”の名前もデマの発信源として浮上している。

 一強と言われる安倍政権に少しでも陰りが見えると寝首をかく。戦国時代さながらの権謀術数がソーシャルメディアという先端技術を駆使して繰り広げられている。いつの時代も権力に取り憑かれた者らの醜い争いは続く。

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

籠池の大ウソ、安倍昭恵、政府翻弄…「安倍が麻生に辞表出す」永田町に出回る怪情報も!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル