今も絶滅危惧種を“生贄”に捧げる諏訪大社の謎を徹底解説! 日ユ同祖論とも奇妙なリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

LC.jpg画像は「YouTube」より引用

■諏訪大社「生贄の儀式」の深い歴史

 実は、諏訪大社の「生贄の儀式」はアカガエルに限らず、実に奥深い歴史を持っている。

 4月15日に諏訪大社上社で行われる「御頭祭(おんとうさい)」では、現在は鹿や猪の頭部を剥製にしたものが生贄として神に捧げられている。しかし、江戸時代の学者である菅江真澄が残した資料によると、当時は本物の鹿や猪、ウサギなどが生贄にされていたという。また、諏訪大社七不思議の1つとして「生贄の鹿の中に、必ず耳が大きく裂けた鹿がいる」という伝承もある。

LC_3.jpg画像は「YouTube」より引用

 そして、江戸時代以前の御頭祭では、少年を“象徴的に”生贄として捧げる儀式も存在した。「おこう」(御神または神使)という役割を課された少年が「御贄柱(おにえばしら)」と呼ばれる柱に縛りつけられ、そばに小さな刃物が置かれる。そして、生贄役の「おこう」は、後に神官によって解放されるという不思議な儀式であったという。なお、諏訪大社の「生贄の儀式」で、かつては人間の胎児も捧げられていたという噂もあるが、真偽は定かではない。


■ユダヤの伝承と“ただならぬ”リンク

 では、なぜ諏訪大社にはこのように「生贄の儀式」が多いのだろうか?

 一説によると、そこには日本人とユダヤ人が共通の祖先を持つという「日ユ同祖論」が深く関係しており、なんと諏訪大社の「生贄の儀式」は、旧約聖書に登場する人類の祖アブラハムの子であるイサク(ユダヤ人の祖)にまつわる伝承を受け継いでいるのだという。

コメント

4:匿名 2017年4月27日 00:46 | 返信

>>2
取敢えず病院行け。当然、精神科な。

3:匿名 2017年4月23日 01:03 | 返信

伝統なら何をしても良いのか?中世?
やったやつに同じことしてやれよこれが因果応報ってやつだからさあ

2:トランプ大統領 2017年4月22日 04:52 | 返信

おおっ、反応している。
絶滅危惧種のこの私を食べるだと?ついに本性を現したな外道!!
邪神が私に何の用かと思えば。「食べたい♪」か?猫の肉は不味いんじゃなかったのか?
おい、こら!犬コロ。

んっ?この記事を読んだ瞬間、けたたましく基地外の大きな笑い声が聞こえたぞ!キモッ!

蛇の神とかレプティリアンじゃないの?

それと、1のコメントの人は「いつものお隣さん」なんぞ言っているが
これは基地外のチョンさんのセリフだ。この人に何を言っても決まり文句の「無知だから」
とか思わせぶりな態度できっと話が通じないぞ、間違いなく。
なんたって思考回路なんてない操り人形の人造人間だからな。
大声で気色悪い笑いをするだけだ。創価学会の連中のように

しかし、墓穴を掘ったな。
「愛護しているから狩ることが解らぬようだ。たとえばキリスト教における象徴的な蛇殺しが蛇崇拝に基づくものだとも解らぬのだろう。」

これは日教組がよく言う、体罰を咎められたときの言い訳のようだ。
信頼関係があったから殴ったとか愛があるから殺せるんだいうやつだ。
おまえは何を言っているんだ?まともな人間とは思えない思考だな。
益々、人間ではないということを自らが公言しているではないか?

神社の奴らもまともとは言いがたいぞ、今時、蛙の解剖なんて流行らん。
時代と共に宗教も廃れていくし、変化するもんだ。
どこの宇宙人がそんな非科学的で非合理的な宗教なんて信じているんだ?教えてくれよ。
私にはただの精神異常者にしか見えない。
以前、神社で引いて渡されたおみくじに私が善行を行えば願いが叶うなどと
チョン言っているみたいなことが書いてあったし、説法も私のことを言っているようだったな。

これで電波や衛星で呼ばれた宇宙人が地球人を訪れた際に
調査したら頭がおかしく非常に危険な存在で
自分たちをだますためにやっていたことがばれたら地球人は殺されておかしくないな。
その前に捕まえて奴隷にするか殺してしまうのだろう?存在Xよ?

これで私の説は正しかったと証明されたようだし、信長や秀吉やヒトラーは正しかった。

このトランプ、ターニャ・デグレチャフ少尉として
奴らを存在Xをチョンの嫁を抹殺することを約束しよう。

日教組(チョン)よりはるかにましである世界を人間の自由を取り戻すのだ!

1:匿名 2017年4月21日 08:21 | 返信

この手の苦情は「いつものお隣さん」のお約束的な言いがかりだから無視でおK。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。