オレンジ色に輝く6機の「UFO編隊」が出現! 移動→点滅→停止をリピートする異常事態に衝撃広がる=米アリゾナ州

オレンジ色に輝く6機の「UFO編隊」が出現! 移動→点滅→停止をリピートする異常事態に衝撃広がる=米アリゾナ州の画像1画像は、「Collective Evolution」より

 古今東西、数多くの目撃情報が伝えられているにもかかわらず、いまだ存在の確証までには至っていない未確認飛行物体「UFO」。NASA(米国航空宇宙局)が頑なにUFO情報に対して口を閉ざす一方、元カナダ国防大臣のポール・ヘリヤー氏や官僚クラスの重要人物からの内部告発に加え、機密指定が解かれた文書などでも、その存在は確かに指摘されている。UFOに関するさまざまな憶測が飛び交う中、またしても今回、その存在を示唆する証拠写真が公開された。

オレンジ色に輝く6機の「UFO編隊」が出現! 移動→点滅→停止をリピートする異常事態に衝撃広がる=米アリゾナ州の画像2画像は、「Collective Evolution」より
オレンジ色に輝く6機の「UFO編隊」が出現! 移動→点滅→停止をリピートする異常事態に衝撃広がる=米アリゾナ州の画像3画像は、「Collective Evolution」より

 今月11日、マウリシオ・モラレス氏と名乗る人物が、自身のフェイスブック上に奇妙な飛行物体を捉えた写真を投稿した。ある日、マウリシオが米国アリゾナ州をドライブしていたところ、緑色に輝く星を目の端に捉えたという。その後、進行方向に向かって右側には小さなオレンジ色の光が見えたが、彼は火事ではないかと思い、運転を続けたという。そして、数マイル進んだ時点で光が消えていることに気づいたが、その直後に再び同様の光が現れたため、彼は異常な気配を察知。すぐにカメラを三脚に取り付けると、地平線上に浮かぶ6つの光の撮影を始めた。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ