6年間謎のドーム型オーパーツ「バルト海の異物」に新展開! 表面にアトランティスの”古代象形文字”、電波も発信!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

,

,

,

6年間謎のドーム型オーパーツ「バルト海の異物」に新展開! 表面にアトランティスの古代象形文字、電波も発信!の画像1画像は「Express」より引用

 2011年、スウェーデンのトレジャーハンター集団「Ocean X」が発見して以来、謎のベールに包まれてきた未確認潜水物体「バルト海の異物」に対し、ここに来て新たな解釈が飛び出してきたのとのニュースが舞い込んできた。


■USO「バルト海の異物」の謎

「バルト海の異物」については、これまでトカナでも取り上げてきたが、ここで簡単におさらいしておこう。「バルト海の異物」とは、直径61m、高さ8mという巨大な円盤状の物体で、バルト海海底に半分埋まった状態で発見された未確認潜水物体(USO)である。先述したように、「バルト海の異物」が発見されたのは2011年のことで、トレジャーハント(財宝探し)を生業とするスウェーデン人の集団「Ocean X」が、バルト海に船で繰り出し、サイドスキャンソナーで海底を調査していたところ、偶然発見した。不思議なことに、発見の直前には、突然、衛星電話が通じなくなったと後に報告されている。

6年間謎のドーム型オーパーツ「バルト海の異物」に新展開! 表面にアトランティスの古代象形文字、電波も発信!の画像2画像は「Express」より引用

 これまでの分析では、異物表面の物質サンプルから“地質構造ではない”ことが明らかになっており、サンプル採取の際に、異物に近づくにつれダイバーらが携帯していた電子機器が作動しなくなるという不可解な現象も起こったといわれ、障害電波を出す高度な人工物ではないかとも噂されてきたが、発見から6年経った今も同物体が何であるかは分かっていない。だがこの度、異物の正体に関して衝撃的な新説が唱えられていることが明らかになった。

人気連載
油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

人気連載
選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

ある元キャバ嬢から聞いた怖い話です。  キャバクラが何を売っ...

関連キーワード

コメント

1:高橋 2018年10月15日 16:16 | 返信

6年間特集番組で拝見されていなかったが専門知識、に据え置き。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。