【悲報】世界の魚がどんどん小さくなっていることが判明、驚愕のメカニズムとは!? 個体数減少&小型化のダブルパンチで魚食文化滅亡!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 日本人の大好物のひとつ、マグロ。巨大なマグロが並ぶ築地市場のマグロ競りは日本人のみならず、外国人観光客にも大人気だ。だが、もしかすると今後、現在市場に並んでいるような巨大なマグロは希少になるかもしれない。しかもその理由は気候変動だというのだ。サイエンスメディア「Popular Science」が伝えている。

0904fish-1.jpg冷凍マグロのセリの様子。画像は「築地市場」より引用


■小型化の原因とは

 気候変動の影響でマグロのサイズが小さくなるかもしれない――。そんな研究を発表したのは日本財団とカナダのブリティッシュコロンビア大学が共同運営している国際海洋プログラム「ネレウスプログラム」の研究者らだ。実は小さくなる可能性があるのはマグロだけではなく、他の魚類も同様の脅威にさらされているという。気候の変動により海水温の上昇が続いた場合、マグロを含む魚のサイズは20~30%も縮むというのだ。

 なぜ海水温の上昇で魚が小さくなるのか? その理由は海水に含まれる酸素の量にある。酸素のような気体は、温度が低いほど水に溶けやすくなる性質を持っている。南極など、凍りつくような冷たい海が生物に満ち溢れている理由の一つである。だが、海水温が上昇すると海水中に溶け込んでいる酸素の量が減る。そう、魚の小型化の原因は海中の酸素不足である。

人気連載
油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

人気連載
選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

ある元キャバ嬢から聞いた怖い話です。  キャバクラが何を売っ...

関連キーワード

コメント

3:匿名 2017年9月19日 22:05 | 返信

サンマもそうだが、マグロの減少は中国の乱獲が最大の原因だぞ。
稚魚までも根こそぎ漁をして行くんだから、そりゃ減るし、大物も減るわなあ。
あの国は、日本人が欲しがるから漁をしている。欲しがる日本人が悪い。と主張しているようだが。

2:匿名 2017年9月19日 22:03 | 返信

サンマもそうだが、マグロの減少は中国の乱獲が最大の原因だぞ。
稚魚までも根こそぎ漁をして行くんだから、そりゃ減るし、大物も減るわなあ。
あの国は、日本人が欲しがるから漁をしている。欲しがる日本人が悪い。と主張しているようだが。

1:匿名 2017年9月19日 18:02 | 返信

大気汚染で人間も小さくなるかもね

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。