中国で発見された“富豪のミイラ”が激良好状態すぎる謎! 正体を明かさない当局に不信募る

関連キーワード:

,

,

,

,

,

,

 中国・湖南省安化(あんか)県で、数世紀前のものと思われる男性のミイラが発見された――。

中国で発見された富豪のミイラが激良好状態すぎる謎! 正体を明かさない当局に不信募るの画像1Daily Mail」の記事より


■リアルな京劇の衣装を身にまとったミイラ

 湖南省は馬王堆漢墓(まおうたいかんぼ)など、紀元前の巨大有名墳墓があることでも知られているが、今回は遺跡発掘ではなく工事中にたまたま見つかった偶然の賜物であったという。発見時には周囲の住民が駆け付けて写真撮影に興じるなどかなりの騒ぎになったようだ。

 明王朝(1368~1644)あるいは清王朝(1644~1912)の時代に生きた人物と大ざっぱに推測され、少なくとも百年以上経過しているのは間違いないようだが、驚いたのはそのミイラの保存状態が稀なほど良好であったことである。

 棺を丁寧に開けると元は赤か紫だったのだろうか、ピンク色に変色してはいるが身につけた中国服の状態も良く、黒の帽子をかぶり靴も履いて、愛用していたと思われる扇子と共に横たえられた男性の姿が……。タイムスリップしたようなその姿はさながら京劇のワンシーンのようである。

中国で発見された富豪のミイラが激良好状態すぎる謎! 正体を明かさない当局に不信募るの画像2Daily Mail」の記事より

 歴史的建造物や発掘された財産を管理する国家文物局はこの男性を貴族出身か、そうでなくてもかなり裕福な人物であったとみている。発見された山中はもともと、王(ワン)という一族の所領であったといい、男性がその一族のひとりであった可能性もあるだろう。

人気連載
トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

人気連載
封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

中国で発見された“富豪のミイラ”が激良好状態すぎる謎! 正体を明かさない当局に不信募るのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで