中国で発見された“富豪のミイラ”が激良好状態すぎる謎! 正体を明かさない当局に不信募る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

,

,

,

,

 中国・湖南省安化(あんか)県で、数世紀前のものと思われる男性のミイラが発見された――。

perfectlypreserved1.JPGDaily Mail」の記事より


■リアルな京劇の衣装を身にまとったミイラ

 湖南省は馬王堆漢墓(まおうたいかんぼ)など、紀元前の巨大有名墳墓があることでも知られているが、今回は遺跡発掘ではなく工事中にたまたま見つかった偶然の賜物であったという。発見時には周囲の住民が駆け付けて写真撮影に興じるなどかなりの騒ぎになったようだ。

 明王朝(1368~1644)あるいは清王朝(1644~1912)の時代に生きた人物と大ざっぱに推測され、少なくとも百年以上経過しているのは間違いないようだが、驚いたのはそのミイラの保存状態が稀なほど良好であったことである。

 棺を丁寧に開けると元は赤か紫だったのだろうか、ピンク色に変色してはいるが身につけた中国服の状態も良く、黒の帽子をかぶり靴も履いて、愛用していたと思われる扇子と共に横たえられた男性の姿が……。タイムスリップしたようなその姿はさながら京劇のワンシーンのようである。

perfectlypreserved2.JPGDaily Mail」の記事より

 歴史的建造物や発掘された財産を管理する国家文物局はこの男性を貴族出身か、そうでなくてもかなり裕福な人物であったとみている。発見された山中はもともと、王(ワン)という一族の所領であったといい、男性がその一族のひとりであった可能性もあるだろう。

人気連載
奇習! 童貞青年を人妻が筆下ろしする「性人式」があった! 盛り上がりすぎてヤバいことに…=西日本

奇習! 童貞青年を人妻が筆下ろしする「性人式」があった! 盛り上がりすぎてヤバいことに…=西日本

【日本奇習紀行シリーズ】 西日本  毎年正月を過ぎる頃にな...

人気連載
犬のお墓にまつわる本当にあった超怖い話 ― 四国「犬神信仰」の祖母が遺した“死の祟り”(川奈まり子)

犬のお墓にまつわる本当にあった超怖い話 ― 四国「犬神信仰」の祖母が遺した“死の祟り”(川奈まり子)

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。