本当にあった常軌を逸する催眠術5選がヤバすぎる! 催眠強盗、催眠射殺、麻酔なし手術まで…!

 18世紀後半、ドイツのフランツ・アントン・メスメル医師が提唱したメスメリズムを発展させる形で開発された催眠術。19世紀以降、催眠術は一般市民の間にも浸透し、世界各地で多くの人が実験や実践を繰り返してきた。医師の中には、催眠術を麻酔代わりに使用する者もいたほどだ。ここ日本でも一時期大流行を見せた催眠術だが、時には事件の引き金になることも……。今回は、実際に行われた信じられない催眠術5選を紹介しよう。


■子ども相手に集団催眠

本当にあった常軌を逸する催眠術5選がヤバすぎる! 催眠強盗、催眠射殺、麻酔なし手術まで…!の画像1画像は、「Magically Speaking, LLC」より

 1912年にドイツ・ベルリンで、1人の男性教員が子ども相手に集団催眠を実践した。彼は常日頃から、労働者階級出身の子どもは大声で無礼な上、扱いにくい生徒だと考えていた。そこで、興味があった催眠術を大勢の生徒に試すことにしたのだ。生徒たちは授業終了時に催眠状態から解放されたものの、中には催眠術にかからなかった生徒もいた。そして、異変に気づいた生徒数人が親に催眠術のことを明かしたことで男は逮捕され、懲役10日間の実刑が下されたという。

 

■食べた物を忘れる催眠療法

本当にあった常軌を逸する催眠術5選がヤバすぎる! 催眠強盗、催眠射殺、麻酔なし手術まで…!の画像2画像は、「THE CUT」より

 時に催眠術は、病気の症状緩和に役立つことも。1899年には、催眠療法によって胃に問題を抱える女性の症状が緩和された事例が報告されている。胃の不調から、摂取した食べ物を全て吐き出してしまう症状に苦しむ女性に、医師が催眠術による治療を提案。医師はまず彼女に、実際には口にしていない食べ物が胃に残っている、という暗示をかけた。しかしこの催眠療法は何度試みても上手くいかず、女性は嘔吐し続けるだけだった。そこで医師は、実際に摂取した食べ物を忘れるという暗示を試みた。すると女性は食べた物を吐き出すことなく、催眠療法は無事に成功したという。

 

■自己催眠で“麻酔なし手術”を実施

本当にあった常軌を逸する催眠術5選がヤバすぎる! 催眠強盗、催眠射殺、麻酔なし手術まで…!の画像3画像は、「WIKIPEDIA」より

 20世紀初頭には催眠術は多くの一般市民にまで浸透し、中には自己催眠を実践する人々まで現れたほど。さらに、自己催眠によって1時間に及ぶ手術を乗り切った強者も……。1902年、悲惨な事故に巻き込まれた英国人男性A.J.クラークは、片手の甲に深い傷を負った状態で病院に搬送された。手術前、クロロホルム麻酔を使おうとした医師をクラークは制止。そして自己催眠状態に入った彼は、施術中に一切目を覚ますことなく手術は無事終了。目を覚ましたクラークに異常は見当たらなかったという。

本当にあった常軌を逸する催眠術5選がヤバすぎる! 催眠強盗、催眠射殺、麻酔なし手術まで…!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル