BBCがサイコパスたちにインタビューした結果がガチで怖い! 頭脳明晰、礼儀正しく、すべてを記憶… 美女ディレクターを魅了したリアル・レクター博士たち!

 サイコパスとは精神病質、あるいは反社会性人格障害を持つ人々を指す。大きな特徴に「社会的なルールに従えない」「人を騙し、操る才能を持つ」「善意や良心を持たず、人の痛みがわからない」「口達者で表面的には魅力的」等がある。ある調査によれば、欧米社会では人口の4%がサイコパスだというが――。


■サイコパスと思われる受刑者をインタビュー

 イギリスBBC放送のディレクターのレベッカ・ハリソンは、ドキュメンタリー『What Makes a Psychopath(何がサイコパスを作るのか)』制作のため、米国の刑務所で受刑者をインタビューした。

BBCがサイコパスたちにインタビューした結果がガチで怖い! 頭脳明晰、礼儀正しく、すべてを記憶… 美女ディレクターを魅了したリアル・レクター博士たち!の画像1BBC放送ディレクターのレベッカ・ハリソン(左) 「Daily Mail」の記事より

 ハリソンは以前、サイコパスに関するドキュメンタリーを制作した。それ以来彼女は、サイコパスについてさまざまな疑問を持つようになり、その疑問の答えを探す最適な方法は、自分たちでサイコパスにインタビューすることであるとの考えに到った。

 しかし英国では法律上、受刑者へのインタビューは許されておらず、そこで彼らは米国の刑務所でインタビューを試みることにした。もちろんサイコパス、イコール犯罪者ではないことは研究で明らかである。しかしサイコパスは「犯罪性傾向」が大きな特徴の1つとして挙げられており、サイコパスに出会うのに刑務所は適した場所だと考えたのだ。

BBCがサイコパスたちにインタビューした結果がガチで怖い! 頭脳明晰、礼儀正しく、すべてを記憶… 美女ディレクターを魅了したリアル・レクター博士たち!の画像2殺人、強姦、強盗等で100年の懲役刑を受けたジョシュア・ライト 「Daily Mail」の記事より

 ハリソンたちが許可を得るには米国でも何カ月もの交渉が必要であったが、どうにかインディアナ州刑務所から許可がおりた。そこは驚くほど巨大な施設で、ほとんどの受刑者が殺人者、強姦犯、小児性愛病者等の凶悪犯であった。ハリソンとテレビスタッフ一行は刑務官に導かれ、死刑囚の監房の前を通り過ぎ、インタビューの部屋に向かった。

BBCがサイコパスたちにインタビューした結果がガチで怖い! 頭脳明晰、礼儀正しく、すべてを記憶… 美女ディレクターを魅了したリアル・レクター博士たち!の画像3児童へのわいせつ行為で30年の刑に服すマーク・モイ 「Daily Mail」の記事より

 インタビュー中は囚人は拘束されずに、ハリソンからわずか数メートル離れたところに座ることになった。インタビューする囚人は、全員が刑務所の精神科医によってサイコパス候補者として選ばれていたが、正式にサイコパスと診断された者はいなかった。ハリソンたちのインタビューは数週間におよび、非常に超現実的な経験だったという。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ