見てはいけない「世界の最凶に不気味な人形5選」! 持ち主を死に導く呪いの人形、閲覧注意の人形など…!

関連キーワード:

,

,

,

,

 古くから人形には魂が宿るといわれており、さまざまな超常現象やオカルト話の題材になってきた。ホラーな人形といえば映画「チャイルド・プレイ」のチャッキーが有名だが、現実の世界にはチャッキーよりも怖い人形が存在しているようだ。


■「サリタ」

見てはいけない「世界の最凶に不気味な人形5選」! 持ち主を死に導く呪いの人形、閲覧注意の人形など…!の画像1画像は、「ODDITYCENTRAL」より

 2017年、ペルーに住む家族が恐ろしい人形体験をYouTubeで公開し、世界中で話題になっている。イボンヌ・ヌネスは、7年前に姪から青い目をしたかわいい人形「サリタ」を受け取った。しかし、その姪は亡くなってしまうことに……。そして姪の死後、家の中で奇妙なことが起こり始めた。イボンヌの娘・アンジーは、家の中から騒音が聞こえ、「サリタ」がいる部屋の隅に奇妙な気配を感じ、薄暗闇の中で影が動くのをたびたび目撃。家族は奇妙な人形を家の中から追い出したかったが、イボンヌはそれを拒否した。その理由は、「サリタ」に亡くなった姪を重ねていたから。しかし、その後イボンヌは自殺。残された家族はいまだに「サリタ」を処分できずにいるという。

 

■「ハロルド」

見てはいけない「世界の最凶に不気味な人形5選」! 持ち主を死に導く呪いの人形、閲覧注意の人形など…!の画像2画像は、「Harold the Haunted Doll」より

 2003年、フリーマーケットを訪れた男性が古い人形と出会う。その人形が妙に気になった男性は、売り手の老人と交渉して20ドルで購入。その場を後にしようとした男性だったが、老人はその人形「ハロルド」の歴史について“説明しないといけない”と語り始めた。その話に耳を傾けると、「ハロルド」はもともと老人の息子への贈り物としてもらったものだったが、息子は「ハロルド」をもらってすぐに亡くなってしまう。そして息子の死後、「ハロルド」が置いてあった部屋から歌と笑い声が聞こえるようになったそうだ。そんないわくつきの「ハロルド」の新しいオーナーになった男性だが、人形を手にしてから2日後に重度の片頭痛に見舞われ、彼の愛猫は亡くなってしまった。男性は「ハロルド」が来てから起こったことをまとめたウェブサイトを立ち上げ、奇妙な出来事を報告している。

 

■「ペギー」

見てはいけない「世界の最凶に不気味な人形5選」! 持ち主を死に導く呪いの人形、閲覧注意の人形など…!の画像3画像は、「WEEK IN WEIRD」より

 2015年に超常現象調査官のジェーン・ハリスは、とあるカップルから人形を受け取った。そのカップルが言うには、「ペギー」と名づけられたこの人形を見た人は、吐き気や頭痛を訴えるのだそう。ジェーンが自身のSNSに「ペギー」の写真をアップしたところ、その画像を見た人たちから吐き気や頭痛を訴える声が続出。ある人は「ペギー」の画像を表示した途端にパソコンが固まり、部屋の温度が急激に下がっていくのを感じたそうだ。一説によると、「ペギー」にはホロコーストで亡くなった女性の魂が棲み着いていると囁かれている。

見てはいけない「世界の最凶に不気味な人形5選」! 持ち主を死に導く呪いの人形、閲覧注意の人形など…!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル