太陽から「クラゲのような巨大触手」が発現、擬態UFOの仕業か! 謎の“シェブロンUFO”も同時出現、専門家「過去にも同じ宇宙船が」=米

 世界最大の民間UFO研究団体「MUFON(相互UFOネットワーク)」にまたしても驚愕のUFO画像が投稿されたとのニュースが舞い込んできた。

 投稿者によると、同画像は今月20日に友人の友人が撮影したもので、目撃場所は米・ミズーリ州ミズーリ川付近とのこと。早速見てみよう。(ケースナンバー:88240)

太陽から「クラゲのような巨大触手」が発現、擬態UFOの仕業か!  謎のシェブロンUFOも同時出現、専門家「過去にも同じ宇宙船が」=米の画像1画像は「MUFON」より引用

 水面から数十メートルほどのところにオレンジ色に光る物体が写っている。クラゲの触手のようなラインも複数伸びており、不思議な光景と言う他ない。まさか、太陽に擬態しているUFOなのだろうか? さらに、オレンジ色の物体の上空には、これまた奇妙なシェブロン形(やま形)オーブの編隊が浮かんでいるではないか。

 世界的なUFO研究家であるスコット・ウェアリング氏によると、これらの物体はUFOに間違いなく、2012年にも同様の飛行物体を自身のブログ「UFO Sightings Daily」で報じているというのだ。当時の記事を確認してみると、確かにカナダ・ダイアヴィック鉱山付近で同種のUFOが撮影されていたようだ。こちらはオレンジではなく、ブルーの機体だが、3本の触手のような光線がはっきりと確認できる。

太陽から「クラゲのような巨大触手」が発現、擬態UFOの仕業か!  謎のシェブロンUFOも同時出現、専門家「過去にも同じ宇宙船が」=米の画像2画像は「Daily Mail」より引用
プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ