2017年のTOPシリアルキラー5選!171カ所メッタ刺し、焼かれた青年たち、キラーナースなど

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】


 殺人事件は世界中で後を絶たない。FBIは米国内に常に25~50人の連続殺人犯が存在しているというが、これは驚くべきことではないのかもしれない。今回は、2017年に話題になった5組の連続殺人鬼をご紹介しよう。


■座間9遺体事件

2017年のTOPシリアルキラー5選!171カ所メッタ刺し、焼かれた青年たち、キラーナースなどの画像1画像は、「news.com.au」より

 今年11月に発覚した“座間9遺体事件”に戦慄を覚えた人も多いことだろう。同事件の容疑者・白石隆浩は、同地区で発生した失踪事件の関係者として警察の捜査対象に名前が上がった人物。警察が白石のアパートを調べると、クーラーボックスに詰められた9人の女性のバラバラ遺体が発見された。白石の手口は、Twitterで自殺志願者とコンタクトを取り、自宅に連れ込むことから始まる。自宅に女性を招き入れた白石は、睡眠薬などを与えてから絞め殺し、遺体をバラバラに解体していった。警察によると、白石の家には遺体の解体に使用されたとされる道具が血のついたまま残されていたそうだ。

2017年のTOPシリアルキラー5選!171カ所メッタ刺し、焼かれた青年たち、キラーナースなどの画像2画像は、「FANDOM」より
プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ