19日に太陽フレアで「磁気嵐(G1)」が地球に直撃することが判明! 携帯やネットが死亡…世界経済壊滅の恐れも

【警告】19日に太陽フレアで「磁気嵐(G1)」が地球に直撃することが判明! 携帯やネットが死亡…世界経済壊滅の恐れもの画像1画像は「Daily Star」より引用

 今月19日、電子機器に多大な悪影響を及ぼすといわれる「磁気嵐」が地球を襲うことが明らかになった。最悪の場合、人工衛星や地上の発電所にまで影響があり、復旧までに数年を要する可能性もあるという。英紙「Daily Star」(17日付)が報じている。

 磁気嵐は、太陽フレアにより発生する大量のプラズマを含んだ「コロナ質量放出(CME)」によって引き起こされる自然現象である。1859年に起こった記録上最大の磁気嵐「キャリントン・イベント」では、ヨーロッパと北米の電報システムが停止し、電信用鉄塔から火花が散るほどだったという。またこの時には、通常は極点でしか観測されないオーロラがハワイやアメリカ北東部でも見られたそうだ。

【警告】19日に太陽フレアで「磁気嵐(G1)」が地球に直撃することが判明! 携帯やネットが死亡…世界経済壊滅の恐れもの画像2画像は「Daily Star」より引用

 より電子機器に依存する現代、同規模の磁気嵐に見舞われたら、その被害は当時の比ではないだろう。昨年12月、カナダ・トロント大学の天文学者ブライアン・ガエンスラー教授は、「太陽フレアの放射物が地球に直撃した場合、人工衛星や携帯電話が使えなくなり、他のあらゆるコミュニケーションツールが利用不可能になります」と警鐘を鳴らしている。復旧には数カ月から数年かかり、保険会社「ロイド」の試算によると、英・ロンドンの復旧だけで1兆8千億ポンド(約270兆円)の費用がかかるというから驚きだ。

人気連載
6月1〜7日「自粛明け直後のアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! トラブル連発の予感… Love Me Doの助言で回避!

6月1〜7日「自粛明け直後のアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! トラブル連発の予感… Love Me Doの助言で回避!

■2020年6月1日~7日「今週の不幸を回避し、運命を劇...

人気連載
村人すべてが穴兄弟で竿姉妹!? 「村の平和のため」浮気SEXを黙認する村が東北に実在した!

村人すべてが穴兄弟で竿姉妹!? 「村の平和のため」浮気SEXを黙認する村が東北に実在した!

【日本奇習紀行シリーズ 東北地方】  縁は異なもの味なもの...

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ