【警告】19日に太陽フレアで「磁気嵐(G1)」が地球に直撃することが判明! 携帯やネットが死亡…世界経済壊滅の恐れも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7
【警告】19日に太陽フレアで「磁気嵐(G1)」が地球に直撃することが判明! 携帯やネットが死亡…世界経済壊滅の恐れもの画像1
画像は「Daily Star」より引用

 今月19日、電子機器に多大な悪影響を及ぼすといわれる「磁気嵐」が地球を襲うことが明らかになった。最悪の場合、人工衛星や地上の発電所にまで影響があり、復旧までに数年を要する可能性もあるという。英紙「Daily Star」(17日付)が報じている。

 磁気嵐は、太陽フレアにより発生する大量のプラズマを含んだ「コロナ質量放出(CME)」によって引き起こされる自然現象である。1859年に起こった記録上最大の磁気嵐「キャリントン・イベント」では、ヨーロッパと北米の電報システムが停止し、電信用鉄塔から火花が散るほどだったという。またこの時には、通常は極点でしか観測されないオーロラがハワイやアメリカ北東部でも見られたそうだ。

【警告】19日に太陽フレアで「磁気嵐(G1)」が地球に直撃することが判明! 携帯やネットが死亡…世界経済壊滅の恐れもの画像2
画像は「Daily Star」より引用

 より電子機器に依存する現代、同規模の磁気嵐に見舞われたら、その被害は当時の比ではないだろう。昨年12月、カナダ・トロント大学の天文学者ブライアン・ガエンスラー教授は、「太陽フレアの放射物が地球に直撃した場合、人工衛星や携帯電話が使えなくなり、他のあらゆるコミュニケーションツールが利用不可能になります」と警鐘を鳴らしている。復旧には数カ月から数年かかり、保険会社「ロイド」の試算によると、英・ロンドンの復旧だけで1兆8千億ポンド(約270兆円)の費用がかかるというから驚きだ。

関連キーワード

コメント

7:匿名2018年2月12日 17:51 | 返信

発表の中に記載されるちょっとしたことも、記者という生物にかかれば、
恐ろしく世界破滅の出来事のように書かれるんだな。

6:匿名2018年1月21日 14:42 | 返信

で?19日に何かあったのか?
何もねーよ!
ニュースの片隅にすらやってないわ
つまりはその程度の制度のサイトって事
信用度0のサイト

5:匿名2018年1月20日 04:12 | 返信

ガチ、滅亡とかカスみたいな記事じゃないともうアクセス稼げないですよね

4:匿名2018年1月19日 08:12 | 返信

また偽計業務妨害の記事ですね
サイバーポリスに通報しといた

3:匿名2018年1月18日 23:57 | 返信

滅亡お急ぎ便で明日時間指定なし

2:匿名2018年1月18日 21:33 | 返信

>>1

トカナは「ホントカナ?のトカナ」だと、サイトに明記している。
つまり、「ほんまでっか」と同じで、笑い話なんだよ。
ガセネタではない。ジョークサイトなんだよ。

1:匿名2018年1月18日 16:53 | 返信

もう少しまともな記事は書けないんですか?
せめてフェイクニュースであることを記載した方がいいと思いますよ。 それに仲田しんじの記事が悪質のあるデマばっかなのでもう掲載しないほうがいいと思いますよ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。