持ち主を悩ます鬼を斬った? 天下五剣の1振り「鬼丸国綱」とは(前編)

関連キーワード:

,

,

 鬼丸国綱の拵えは室町時代初期に作られたものと推測されており、戦国時代の武将である細川藤孝(ふじたか)、またの名を文武両道のチート武将「細川幽斎(ゆうさい)」によって修復されたと言われています。つまり鬼丸国綱の拵えは、室町時代に作られた拵えがほぼ同じ形で現代に伝わっている、と考えられるのです。

 先ほど「拵えと一緒に伝わる、古い時代の日本刀は少ない」と述べましたが、鬼丸国綱は、古い拵えを現代に伝える貴重な資料とも言えるのです。

onimaru1-2.jpg鬼丸拵。画像は「つるぎの屋」より引用

 さて、鬼丸国綱の拵えは「鬼丸拵(おにまるこしらえ)」「鬼丸造り」と呼ばれています。これは元々「楠(くすのき)造り」「楠拵え」と呼ばれるものでしたが、鬼丸国綱の拵えが広く知られると、鬼丸拵は鞘を革袋で覆った「革包太刀拵」の代名詞となるにまで至りました。

 この拵えの特徴は「実戦向けの防水加工」とまとめられます。いわば刀を覆うカバーのようなもので、これを付けておけば鞘に水などが入るのを防げるため、雨が降っていても刀の錆びの心配をしなくてよいのです。その防水性は非常に高かったらしく、合戦の最中で雨に降られても大丈夫、ということで、実戦向けの拵えと言えるでしょう。

onimaru1-3.jpg菊水刀。鞘を革で包み防水加工を施した軍刀。画像は「Wikimedia Commons」より引用

 また、旧日本軍の軍人が持っていた「軍刀」にも鬼丸拵の意匠が取り入れられていたようで、現代に伝わる軍刀を見るに、鞘が革で包まれたものや、同時に柄から鐔までをすっぽり覆うカバーも付属しているものが多く見られます。

 余談となりますが、鬼丸拵は幕末(1850年前後)に江戸で大流行した、という記録が残されています。

関連キーワード

コメント

3:匿名 2018年7月19日 19:42 | 返信

刀剣乱舞やってる腐った乙女やババア達にまた悪用される羽目になるんだろうな。
見たところジジイキャラになりそうだよな。
是非実装されずに安らかに眠ってて欲しい。
細川家や北条家や粟田口や宗近って歴史語る上で外せないのをやっぱり思い知ってしまうや。
(ヲタコメすみません)

2:匿名 2018年3月21日 20:20 | 返信

元祖 鬼退治なら
坂田金時(金太郎)が 一番有名だろ

1:トランプ大統領(鬼平) 2018年3月21日 14:13 | 返信

その剣は私のなのではないのか?
悪人を斬り殺すなら得意である。

将来的には斬鉄剣を製造して
ポプちん達の装備に入れたい。
戦車や壁ごと切って悪人を成敗するのだ。

鬼を倒す道具か?
おにぎりだったら分かる。
あれで鬼がキレるらしいぞ。
試して見るが良い。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。