4月23日に人類滅亡、6月24日→4月23日に前倒し! ヨハネの黙示録とニビル到来で地球大噴火、科学者も「準備しなければ」

 少なくない聖書研究家の間で“終末の日”が今年6月であることが指摘されているのだが、なんとその日が大幅に前倒しになっている。“終末の日”はすぐ先の4月23日であるというのだ。


■『ヨハネの黙示録』の記述が4月23日の天体の様相に一致

 新年早々、聖書研究家のマテュー・ジャン=マルク・ジョセフ・ロドリグ氏はこの世の終末が2018年6月24日であると主張して世に衝撃を与えた。『ヨハネの黙示録』の2つのフレーズに着目したロドリグ氏は“42”と“666”という2つの数字を手がかりにして独自の方程式を使い、“終末の日”が2018年6月24日であると算出したのだ。だがある専門家によれば“終末の日”はそんなに先の話ではないという。なんと今月23日に迫っているというのだ。

4月23日に人類滅亡、6月24日→4月23日に前倒し! ヨハネの黙示録とニビル到来で地球大噴火、科学者も「準備しなければ」の画像1 「Express」の記事より

 英紙「Express」によれば、ある聖書予言研究家は『ヨハネの黙示録』第12章1節と2節の記述が、4月23日の天体の様相に一致していると指摘している。

※『ヨハネの黙示録』第12章1節
 また、大いなるしるしが天に現れた。ひとりの女が太陽を着て、足の下に月を踏み、その頭に十二の星の冠をかぶっていた。

※『ヨハネの黙示録』第12章2節
 この女は子を宿しており、産みの苦しみと悩みとのために、泣き叫んでいた。

 このフレーズは共に、キリストの再臨が目前に迫っていることを伝えるものだ。そして聖書予言研究家によれば“天のしるし”はおとめ座であるという。

 4月23日、おとめ座の女性のシルエットは月を“踏む”ように足元に従え、太陽を“着る”ように身体の中心に抱き、メシア(救世主)を意味する木星が生み出される位置にくるということだ。つまりこの直後にキリストの再臨が実現し、聖書的な“終末の日”が訪れるのである。

 しかしながらこの天体の配列は12年に一度の割合で起こっているという。なぜ今回が“終末の日”につながるのかといえば、23日にはユダの獅子(the Lion of the tribe of Juda)を意味する惑星直列も同時に起こることが決定打になるということだ。

 そしてこの“4月23日説”への強力な支持者も現れている。昨年の一連の“ニビル騒動”の中心人物である聖書研究家、デイビッド・ミード氏だ。

「4月23日におとめ座の足元に月が位置します。そして太陽は服の部分に正確に位置し、木星が産み出されるのです。加えてしし座の9つの星と直列する火星、金星、水星で構成される“12の星”はおとめ座の頭部を彩る冠のように配置されます。このようにおとめ座、しし座、へびつかい座がユニークに“三つ巴”になることは世紀に一度のことで、まさに黙示録第12章の記述を表すものです」
(デイビッド・ミード氏)

 そしてミード氏は惑星ニビル(プラネットX)がここに関わってくるという。まさに今月23日にニビルが空に出現するというのだ。ニビルがニアミスすることで、地球上では磁場に急激な変化が起こり火山の噴火などの大規模自然災害が誘発することが想定されている。まさに不意打ちのように突然もたらされたこの新たな“終末予言”だが、ほんのすぐ先の話であるだけに用心するに越したことはないだろう。

4月23日に人類滅亡、6月24日→4月23日に前倒し! ヨハネの黙示録とニビル到来で地球大噴火、科学者も「準備しなければ」の画像2 「Express」の記事より
人気連載
日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

人気連載
8月10日~16日「今週のアナタを襲う不幸」がわかる4択占い!先回りして回避、ラッキーアニマルも…Love Me Doが伝授!

8月10日~16日「今週のアナタを襲う不幸」がわかる4択占い!先回りして回避、ラッキーアニマルも…Love Me Doが伝授!

■2020年8月10日~16日運勢「今週の不幸を回避し、...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ