脳が悶絶する哲学パラドックス5選! 永遠に手に入らないソーダ、真実なら嘘で嘘なら真実… なぜ?【超難問】

■真と偽の超複雑な関係

脳が悶絶する哲学パラドックス5選! 永遠に手に入らないソーダ、真実なら嘘で嘘なら真実… なぜ?【超難問】の画像7画像は、「SlideShare」より

 数学者のフィリップ・ジャーデインは、「Double Liar Paradox」(嘘つきのパラドックス)を考えた。例えば単語帳や紙の一方をA面、その裏をB面とし、A面には「B面に書いてある文は真実」、B面には「A面に書いてある文は嘘」と書く。B面の文が“真実”であるとしたら、A面が“嘘”ということになる。しかし、A面の文章が“嘘”であったなら、B面に書いてあることもまた“嘘”ということになってしまい、そうなると今度はA面が“真実”になるので、B面に書かれた文も“真実”に…。真実と嘘が同時に存在するという奇妙な現象が生じてしまうのがこのパラドックスだ。

コメント

2:匿名 2018年5月4日 23:10 | 返信

そういえば昔「私は嘘つきです」という言葉が、絶対に負けない言葉だと話題になったのを思い出した。

1:匿名 2018年5月4日 11:08 | 返信

1+1はなぜ2になるのか
と誰かが言っていた。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。