最凶のセックス・グル「教祖・ラジニーシ」のカルトぶりがヤバい! ロールスロイス93台所有、笑気ガス、生物兵器…まるでオウム!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 ラジニーシ(Rajneesh)は、本名チャンドラ・モハン・ジャインで、1931年にインド北部のクチワダに生まれた。彼は1970年にインドのプネーで、スピリチュアリズムを教える哲学の講師となり、1974年にはその地に瞑想センターを開いた。


■ニューエイジ・セックスカルト教祖ラジニーシとは?

rollsroyceosho1.JPG 「Daily Mail」の記事より

 その後1981年に米国に渡りオレゴン州に巨大なコミューンを建設、ニューエイジのセックスカルトの教祖となった。それはフリー・ラブ、新しい瞑想テクニックを標榜する全く風変わりなカルトで、彼は「セックス・グル」「タントラマスター」などと称された。しかし彼の最も有名な呼び名は、「ロールスロイス・グル」だ。彼は93台ものロールスロイスを所有していた。

 ラジニーシには、有名な英国のジャーナリスト、バーナード・ラヴィンや映画スターのテレンス・スタンプをはじめ、世界中で何万人もの信者がいた。その多くは、中産階級のありふれた価値観に嫌気がさした教育レベルの高い人々であった。

 人々はインドで新しい価値観と啓発を求め、その後オレゴンのコミューンにラジニーシの信者として移住した。信者の中には配偶者や子どもを捨てた者もおり、またほとんどの信者は財産を全てラジニーシに寄付した。ラジニーシが巨万の富を蓄えられたのも、そのためである。

人気連載
油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

人気連載
選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

ある元キャバ嬢から聞いた怖い話です。  キャバクラが何を売っ...

コメント

1:匿名 2018年5月7日 22:07 | 返信

ある意味インド系カルトはイスラム過激派より根が深い

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。