「宇宙人の言語は人間と同じ」チョムスキーの仮説に衝撃! 宇宙人は人間の言語を本当に理解できるのか!?

「宇宙人の言語は人間と同じ」チョムスキーの仮説に衝撃! 宇宙人は人間の言語を本当に理解できるのか!?の画像1画像は「Space.com」より引用

 2017年に日本で公開されたSF映画『メッセージ』では、地球を訪れた異星人と人間が対話を試みるというストーリーが展開されている。最終的に言語学者のルイーズ・バンクスが、宇宙人言語の読解に成功するが、もし人間と宇宙人の立場が逆の場合はどうなるだろうか? つまり、人間の言語を宇宙人は解読することができるだろうか?


■宇宙人は人間の言葉を理解することができるか?

 実は宇宙人向けの人工言語は半世紀以上も前に作成されている。1960年にハンス・フロイデンタール博士が作成した「Lincos」と呼ばれる言語がそれだ。算術や論理学をベースに構築されており、1999年にLincosで書かれたメッセージがウクライナの天体望遠鏡から送信され、2003年にも複数の惑星に向けてメッセージが送信されている。

 だが、米・ボーリング・グリーン州立大学の言語学者であり、「METIインターナショナル」のメンバーでもある、シェリ・ウェルズ・ジェンセン氏によると、このような言語には問題点があるという。

 科学ニュース「Space.com」(5月26日付)によると、ジェンセン氏は、人間からメッセージを受け取った宇宙人の苦労を味わってもらうため、大学生らに対しLincosで書かれたメッセージを解読してもらったという。すると、基礎的な関数などは簡単に答えられたそうだが、少し複雑な内容になると学生らの意見が割れ始めたという。たとえば、円周を表す方程式と円周率πを表したメッセージを学生らに解読させたところ、「クレイジーなアイデア」があちこちから飛び出してきたそうだ。

※METI(Messaging to Extra-Terrestrial Inteligence)とは、未知の異星文明に向けてメッセージを送り、異星人に地球文明を発見してもらう試みのこと。

「詩的な超解釈をして、“世界”を意味すると答える生徒もいえば、“無限”を意味するという生徒もいました。中には“刑務所”という答えもありましたね」(ジェンセン氏)

 人間でもこの有り様だ。文化も進化系統も全く異なり、ややもすれば感覚の仕方やコミュニケーション方法も違い、人類より遥かに進歩している宇宙人が、このメッセージを受け取って頭を抱える姿は容易に想像できるだろう。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ